トルコリラ

2017-10-01 (7)

昔、日本の証券会社でブラジル国債が大々的に売り出された。結果はご存知の通り5-7年後にレアルが暴落。同じ理屈で、トルコリラもこの債権が償還される数年前に暴落するとみます。

少し政治の話


昔 
中曽根やすひろ=国鉄・電話・タバコ民営化 オレンジ自由化
     原子力推進
小泉親父+竹中=郵政民営化、預金運用強奪

注:個人的にJRは民営化でよかったと思ってる。サービス良くなったので。

これから
小泉Jr + 中曽根孫= JA預金強奪


売国奴ばかりだ........

こういうのが社長になったら株を売れ

私立大学出身(この年代層の私立は相当レベル低い)
海外赴任歴あり
社内傍流
ごぼう抜きで社長就任

ソニー出井といい、TOSHIBA西室といい、就任後必ず自社ブランドを粉々に破壊しつくしています。海外の投資銀行筋から相当買収されていると睨んでいます。こういう経歴の社長がきたら、当該企業の株は全部売りですね。

経験上、国内文系は1流・2流大学でも学内でトップ層なら結構優秀ですが、国内理系に関しては1流国立大卒のトップ層を採用するに限ります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
西室氏の社長就任の、いったいどこに悲劇がひそんでいたのでしょうか? 


 * * *

 東芝は1996年5月28日、西室泰三の社長内定を発表した。これまでの東芝は副社長を経験したうえで社長に就任するというのが通例で、戦後のこのときまでの東芝生え抜き社長6人全員が皆そうだった。西室が、並み居る副社長や先輩専務8人を追い越して抜擢されるのは異例のことだった。

 石坂泰三以降の10人の社長では、東京工業高等学校(現東工大)卒の土光敏夫を除く9人までもが東大卒なのに、西室は慶應卒。初めての私学出身というのも異例だった。さらに佐波正一以来4代続いて重電部門出身者が社長に就いたが、西室は重電でも家電でもない海外営業畑出身という傍流育ちだった。多くの点で異例ずくめだった。

やはり密かに売れている

http://shop.ginzatanaka.co.jp/category/ITEM_03_07/

やはり密かな蓄財用として売れているんだろうと思う。でないとこんなに豊富なラインアップにならない(笑)。京都祇園の坊さんなんて相当買い込んでいるんじゃないか?

やはり怪しい

16人くらいごぼう抜きで社長になったことといい、この経緯といい、やはり資本・株主・メーンバンクあたりから猛烈な圧力があったと思われる。出井の嫁は何者だ?


某ブログから転載

出井伸之会長は誰かの婿らしいのだがよくわからんかった。そんでググってたらなんですか、それとは関係ないけど大賀氏以外大反対だったんだね。


ソニー帝国の大勢の人々が、出井伸之の名を耳にしたことさえなかった。知っているものは不安になった。出井はノーを言う男で知られ、鋭い分析的知性と、人を見下す辛辣な口に定評があった。「ソニーの社員の100人のうち、99人が私の選択に反対だった。彼は駄目だ、まさか本気じゃないだろうね、とみんな言った。とうてい信頼できない、とみんなが感じたんだ」と大賀は言っている。

なんだ、前に何かの会で「わたしの責任」とか言ってて潔いなあ・・・と思ってたんだけどほんとに大賀氏の責任なんじゃん(笑)。人の意見に耳をかすって大事なんだな。

1月の出井との会合後の数週間、大賀は上級経営者たちをひとりづつ呼び、決定を伝えた。伊庭保、森尾稔、大曽根幸三そのほかの人々だ。業績によって出井よりも早く会社の高い地位に上りつめた人々である。微妙な話し合いだった。誰もが驚いた。なかには失望し、怒る者もいた。大賀は優しく、しかも非常に巧妙だった。だが異議は受けつけなかったし、議論すら許さなかった。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.