ETFもビットコインも目くらまし

ゴールドETFもビットコインも、ゴールド現物を買わせなくする目くらましなのではないか。一般の工業製品と違い、金銀は即時の大量生産ができない。大量に買い付けると値が上がってしまうし誰かに気づかれる。


今年の通貨動向 (たぶん)

アメリカと北朝鮮が衝突の気配をみせるが、ロシアや中国の仲介で手打ちが行われると予測。

これで米ドルx日本円相場がカクカク動くはずなので、ここで小さく稼げるかなと思う。

噂 アメリカの教育制度

軍需産業ロビーのおかげで、アメリカ国民が海外の戦争をリアルに感じないように教育制度が決められているのだという。

地理・進化論を殆ど教えないのはそのせいだと。

アメリカの水道水にフッ素が入っているのは、国民の知能を落とすため???

確かに教育やTVを乗っ取れば大衆はいくらでもコントロールできる。

ベネズエラ

ベネズエラFXが大きく動くかもしれない。


トランプ氏、ベネズエラへの軍事介入の可能性示唆

8/12(土) 17:14配信

CNN.co.jp

(CNN) トランプ米大統領は11日、政治危機に見舞われるベネズエラ情勢に触れ、米国による軍事介入を否定しない考えを表明した。休暇先の米ニュージャージー州のゴルフクラブで記者団に述べた。

トランプ政権は強権化に傾斜するベネズエラのマドゥロ大統領を独裁者と非難。先月30日には、マドゥロ政権が現国会を無効化させる制憲議会を発足させたことを受け、同大統領も対象とした制裁措置を打ち出していた。

トランプ氏は、ベネズエラ情勢をめぐっては必要となれば軍事面を含む多数の選択肢があると強調。同国は米国の隣人であるともし、「我々は非常に遠い地域を含め、世界中に軍隊を配置している。ベネズエラは遠隔地ではなく、国民は苦難を受け、死亡者が出続けている」と述べた。

一方、トランプ政権の安全保障問題担当者はベネズエラに対する米国の軍事介入の可能性を否定し、トランプ氏の方針とは食い違いを見せている。マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は今月、米MSNBC放送の取材に外部勢力による軍事介入の可能性はないと明言していた。

また、米国防総省のパホン報道官は11日、ベネズエラ情勢に関連してはいかなる軍事的な動きも指示されていないと指摘。ただ、必要な事態が生じた場合に備え、相応の準備はしていると述べていた

欧米もゴールを動かしてくる

スキー・水泳・フィギュアで、日本人が勝ちだすと白人はルールを変えてくる。

まともなHVではトヨタの独壇場になると悟ってから、欧州はディーゼルで勝負をかけてきた。それができない事が徐々に明らかになり、"欧州はEVで行きましょう"と来る。

トヨタ・マツダの新工場がメキシコでできるとアメリカ市場でも劣勢になる。だからトランプ経由で圧力をかけ、アメリカ国内でEV工場をつくらせた。

まったくひどい話だ。

追記

恐らく白人の狙いはTESLA + APPLE/GOOGLEで次世代EV自動車の世界覇権を握ること。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.