ギリシャなう

http://tower.void-server.net/greek-situation-an-interview-with-the-three-greek-punks/

迫力がある記述。

アテネの中心部にはAdios Panteleimonasという地区があり、もっぱらそこでファシストたちは移民を襲撃してるよ。そこから5ストリート行ったところにはAttika Squareがあって、そこには移民が多く住んでる。でもAttika Squareでは襲撃はないんだ。なぜならAttika Squareにはデリヘル用の安ホテルがあって、このホテルは黄金の夜明け党のリーダーとその妻が所有してるんだよ! なので彼らがどこを攻撃するかは簡単にわかるよ。
-そんなホテルをやってるのですか?
そのホテルはNew Dreamって言うんだ、詳しいことはよくわからないけどね。でもまあこのホテルに限ったことではなくて、このファシスト政党のリーダーは70年代にはファシストのグループと一緒になってジャーナリストに暴行を加えたり、アテネで極右テロリストグループの一員として爆破テロを行ったこともある男だよ。彼はたった13ヶ月だけ刑務所に入って80年代にはギリシャ国家情報庁で働いて、今や選挙で選ばれた政党のリーダーだよ。

続きはリンクで…

転載 あちゃー

 韓国はもはや戦争リスクが高すぎる。中小企業は全撤退を。おそらく1年くらいは大丈夫なので、その間に他の国に移転するべく対処するべきだろう。
 
 タイ政府は、在韓タイ国大使館を通じて、北朝鮮からの攻撃に備え退避勧告を出しています。タイの日本語メディアでも報じられています。
http://www.newsclip.be/news/2013401_037631.html
タイ政府、韓国在住者の避難計画策定 朝鮮半島情勢緊迫で
2013/4/ 1 (14:53)  トップニュース 政治
【タイ】タイ政府は朝鮮半島情勢の緊迫化を受け、有事の際に韓国在住のタイ人を避難させる計画の策定に乗り出した。在住タイ人の氏名、住所の確認と、緊急時の集合場所の周知を進め、避難が必要な場合はいったん、日本、中国、台湾に空路、海路で出国させ、その後、民間機、民間船、タイ海軍艦艇などでタイに帰国させる方針。
 タイ政府によると、韓国在住のタイ人は約4万3000人。
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=1808
タイ外務省、北朝鮮が攻撃すれば韓国からタイ人退避
01/04/2013
北朝鮮が挑発的姿勢を強めていることについて、外務省情報局のマナットウィー局長は3月31日、 北朝鮮が韓国を攻撃した場合、韓国在住のタイ人約4万人を退避させる用意があると明らかにした。
また、韓国、中国、米国のタイ大使館は、朝鮮半島情勢を注意深くモニターしているところであり、必要に応じて韓国に住むタイ人に支援を提供する準備も進めているとのことだ。
なお、北朝鮮に暮らすタイ人は10人あまりとのこと。

米国では銀貨が過去最高の売れ行き 急騰後、調整中の銀価格はどうなるか

http://toyokeizai.net/articles/-/12734

1月29日に米国造幣局は、2013年版アメリカン・イーグル銀貨の単月販売量が7.1百万トロイオンス(約221トン)に達し、11年1月に記録した、単月ベースの最多販売数量6.4百万トロイオンスを上回ったことを発表した。


東洋経済が、こんな記事をのせるとはね。

http://toyokeizai.net/articles/-/12745

この記事も面白い。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ムーギー:外資金融やコンサルで働く、私の周りの人たちを見ていると、私と同じ35~36歳くらいの年齢で、業界からの撤退を余儀なくされる人が最近ものすごく多いんですよ。

たとえば、日本のゴールドマン・サックスとかヘッジファンドとかでブイブイ言わして、家賃が月200万円ぐらいするところに住んでいる人たちが、コスト高と日本のマーケット縮小を理由に、クビになっている。この人たちは、今まで日本の市場ばかりを見てきて、中国株やアジアの市場に詳しいわけではないので、40前とかで海外に行こうと思っても難しいんですよ。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
29歳で日本を飛び出して正解でした。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
要旨(デタラメ):

・今は、株価が絶好調だが、今年の後半からやばくなるだろう。

・だから私は株を売却している。

ソース:
http://marcfaberchannel.blogspot.jp/2013/01/marc-faber-correction-coming-i-am.html
http://marcfaberchannel.blogspot.jp/2013/01/marc-faber-ultra-bearish-outlook-about.html

(2013.02.01)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

要旨(デタラメ):

・Fort Knox にはアメリカの所有する Gold が、ニューヨーク連邦銀行には世界から預っている Gold が保管されている…という事になっている。

・ドイツが国外に保管している Gold を国内に戻す方針を明らかにした。フランスに保管してある Gold は即座に全量を引き取ることになっているが、アメリカに保管しているドイツの Gold はどういうわけか、7年後までに一部だけを引き取ることになった。

・これはアメリカからの要求で時期を遅らせたのだろう。アメリカはその代償にプレミアを払う約束をしているはずだ。

・だが、世界の中央銀行からアメリカが預かっている Gold はもう無い、というのが業界の常識だ。だから世界中の中央銀行がアメリカに預けた Gold は戻ってくることはない。

ソース:
http://dollarcollapse.com/precious-metals/everybody-in-the-industry-knows-the-us-doesnt-have-the-gold/


コメント:

・アメリカが持っていた Gold はもう無いだろう…という話は吉田繁治氏もしていた。

(2013.02.01)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


カントリーリスク

南米・アフリカ・豪州などで、鉱山会社に利益超過税がかかる機運があるらしい。これは鉱山株にますます投資しにくくなってしまう。

今日も現物の割に鉱山株が売られている。

スペイン



笑い飛ばすスペインのギンドス財務相、

表情が暗いルクセンブルグのユンケル議長
ことの重大さを分かってないだろ
u(#゚Д゚)uテメェー!!


スペインの銀行は、不良債権処理のためバンバン物件を差し押さえてきた。ところが、追い出された後に債務者が投身自殺をするケースが急増。事態を重く見た政府が、差し押さえを一旦凍結する法案を可決することになった。こうなると、中途半端に人が入っている不良債権は処分できない。まだ誰も入っていない新築物件、幽霊マンションを投げ売りするハメになります。後二年で、これらの物件は半額以下処分が決定です。

もともとスペイン人は、困ったら集団で抗議する悪癖があります。それもドイツ人労組のような理屈でなく、感情だけです。日本人みたいに落とし所も想定していません。信じられないのは、彼等は未だに集団抗議やストライキで今回の事態が解決できると思っていることです。

もう今までのやり方では生きて行けないんだよ!!!

って、何か日本の家電メーカー・官僚・政治家みたいですね。

おまけ>>>>>>>>>>>>>>>>
 日本直販の債務超過が20年間もバレなかったのはCMをバンバン打っていたからでしょうか。今やソフトバンクがひところのNOVAやアイフル並みに派手なCMを打ちまくり、巨額買収案件を矢継ぎ早にぶち上げるのも、隠しきれなくなってきた長年の粉飾から世間の目をそらすための陽動作戦の一環なのかもしれません。かつて孫社長が三顧の礼で引き抜いた大蔵省エリートが社長として送り込まれたアイ・シー・エフ(現:オーベン)も、頻繁すぎる株式交換買収の裏で粉飾を繰り返していました。巨額融資を引き出すために巨額買収案件をぶち上げる。融資実績と手数料欲しさに金融機関までがSBに媚びへつらう…マスゴミには広告を、金融機関には手数料という金の卵を産み落とし続けるSBの悪行三昧が見逃され放題なのも無理からぬことですね。
 破綻した日本直販を救済するのはSBとズブズブのトランスコスモスです。ダミー電話番号使いたい放題サービスを提供するトランスコスモスと、「竹島は韓国の領土」CMを大々的に流している反日KTが過半出資する韓国データセンターを持つSBテレコムと親会社のSBが狙っているのはズバリ、20年間絶対バレない粉飾ノウハウの獲得でしょう。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.