ドイツ銀リストラ

全世界で7000人リストラ発表。これは本当にダメそう。
トランプは元部下が次々と司法取引に応じて、ほぼチェックメイト。

米中露とも今回の対応で四苦八苦のはずなので、イラン・北朝鮮は何も起こらないと思う。

リストラ人数は後で修正されたので本記事も修正

トランプ退陣前触れ

1MDB資金がトランプ選挙資金に流れ込んでいた事が余罪で追加らしいので、おそらく中間選挙前に退陣すると思います。

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシアのナジブ前首相は22日、政府系ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」を巡る汚職疑惑に関連した聴取を受けるため、クアラルンプールにある汚職防止委員会(MACC)の本部に出頭した。 ナジブ氏は、1MDBの元子会社SRCインターナショナルから同氏の口座に4200万リンギ(1060万ドル)が送金された件で、MACCから説明を求められている。 この額は1MDBから流用されたとされる数十億ドルのごく一部にすぎないが、MACCは国内取引が中心で資金の追跡がしやすいSRCインターナショナルからの送金の捜査にまず着手する。 ナジブ氏は巨額の資金流用に関与した疑惑が痛手となり、5月9日の総選挙で敗北、退陣した。 総選挙で勝利し、新首相に就任したマハティール元首相は1MDBを巡る汚職疑惑の捜査を再開。このファンドから消えた資金を回収すると宣言している。 1MDBからの送金は海外の銀行や企業を介している。 新政府は21日、1MDBの捜査にあたり、米国、スイス、シンガポール、カナダなど関係各国の当局と連携を図るため、マレーシアのMACC、警察、中央銀行のメンバーで構成される作業チームを発足させた。 米司法省は22日、1MDBへの調査を継続するとし、マレーシア当局との連携に期待するとの声明を出した。 ナジブ氏は2015年に1MDBを巡る疑惑が発覚して以来、一貫して不正行為を否定する一方で、法務長官を解任し、MACCのスタッフを交代させるなど、捜査の幕引きを図る動きも見せていた。 ナジブ氏は先に、個人口座にある6億8100万ドルの資金について、サウジアラビアの王族からの寄付金と説明し、IMDBから送金された資金だとする報道を否定していた。

ドイツ銀行が危ない

リストラする社員への手切れ金、給与3か月分から1か月へ短縮。
社内においてある果物バスケットの廃止。
マレーシアで1MDB犯罪調査の再開→おそらく米国から再度罰金

これはchapter 11もあるかもしれないですね。既にCommerzBankと統合するのではという噂が市場に出ています。

おそらく

恐らくトランプ自身も司法取引中。今日のニュースで、モラー捜査官がトランプ選挙SNS責任者を議会証人喚問するとあったので、この件は全く終わっていない。中間選挙以前に病気で退陣とかいう形になると思う。

【ワシントン時事】米政権のロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官が、トランプ大統領本人を起訴しない考えを大統領の弁護団に伝えていたことが分かった。


 弁護団に加わるジュリアーニ元ニューヨーク市長が16日、CNNテレビなどに明らかにした。

 司法省には現職大統領を起訴しないという長年運用してきた指針がある。ジュリアーニ氏によると、モラー氏は「弁護団との議論の末」にこの指針を守ると認めたという。

 一方、刑事責任とは関係なく、大統領が弾劾される可能性は残されている。モラー氏の捜査は最終的に報告書の形でまとめられ、大統領を弾劾訴追する権限を持つ下院の判断に委ねられる。

出てくる出てくる

トランプ氏の元顧問弁護士、プーチン氏に近いロシアの新興財閥系企業から50万ドル受取。


今月続々と出てくる、はず。朝鮮半島が急におとなしくなったのは、アメリカ(トランプ側)もロシアも、このスキャンダルの火消しでそれどころではないからだと言われてます。

よって、原油高もどこかで元に戻る。

エリック・プリンス 元傭兵 米軍機密をロシアに売った事実認める 司法取引成立?
マイケル・コーエン 元弁護士  おそらく司法取引成立
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.