霊感のある人の話

巷に居る人々を眺め、霊的な感性で見入る事がよく有ると言います。そうすると、全ての道行く人々に各々何体かの霊が纏わり着き供にしているらしいのです。それは、頭や肩に直接的に乗っかったものや、手前を露払いのように行くものや、後ろに従うもの等々。中には半分体を人物に収めた状態だったり、頭のみ出したものや手だけ出した状態のものも有るそうなのです。その霊も立派な容貌・容姿から醜悪な容貌・容姿、一見子供・青年・中年・老年と様々だそうです。また一体では無く、何体(3・4体)か纏わりついているようです。また前述した霊とは全く違う、おぞましい容貌の夜叉の類を纏った人物もおり、これは死期の迫った人物に多いようです。前を行く霊は、その人物をきっちり防御する自身の有る良質の霊で有り、至って健康そうで自信に溢れた人物は、必ずといって良いほど、その類の霊が露を払うかたちで前を行くそうです。逆に身なりは良くとも、霊が後ろに従っていたり、体に半分入り込んだような霊は、その人物のあらゆる面の運気を乱す霊との事。このように、嫌でも見えてしまうルシーは、目も当てられなくなり目を瞑り時間を経るような結果となるとの事・・・。普通の人物は、少々感覚で感じる事は有っても、目にしない分だけ幸せなのかもしれません。もし、全ての人々が見えたならば、自身の運気が判断出来る好材料にもなりますが、反面、不運なども纏わる霊で判断できるため、其処かしこで喜怒哀楽が起こり、社会的には良い事では無いかもしれません。知らないとか解らない、という事は不安なものです。しかし、知らぬが仏、とは善く云ったものですが、知らない事こそ幸せなのかもしれません。

コメント

非公開コメント

盛夏ですね~

今日のお昼の『よしもと新喜劇』もユーレンの話でした。
劇中でも、見える人・少し見える人・見えない人の差が、おもしろさ
を作っていましたね。

良い霊に取り憑かれると運も良くなるのだったら、どうしたら良い霊に
取り憑いてもらえるのかと思いますが、私はほんのたまにしか見えな
い人なので、「相場に勝ちたいので取り憑いて下さい」と言えるチャ
ンスはなさそうです。まして、霊の善悪区別などつかないので、トンデ
モナイ悪霊に頼みそうでビビリますね。

霊存在の真偽は知りませんが、実は相場も霊が動かしていたりして。  

No title

アホんだらさん

類は友を呼ぶですから、自分に似た、同じレベルの霊がつくのではないでしょうか。レベルの低いうちは高値掴み、レベルが高くなると江副浩正とか…

大喜利

Zenjiさん

ぐわっははは・・・ 情景を想像して笑わせてもらいました。
レベルが上がると、江副さんが背後から内ポケットへ札束を入れて
くれるのですよね。その為には江副結界の中へ入るのですよね。

座ぶとん10枚差し上げます。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.