某ブログより、

韓国の例もあるし、信じてみるか。

昨日の報道によりますと、中国の国家主席が就任後に異例の早さで米国を訪問することが発表されました。とにかく緊急に米国と話し合う必要性があるようです。
これを聞きまして、先ず脳内に浮かびますことは、「経済」「通貨」のことです。そして、国際紛争の問題です。

5月20日の別の報道では、世界最大の投資会社である米国のゴールドマンサックス(以下GS)が、保有していた中国工商銀行の株の全てを売却完了していたことが発表されています。その総額は、1兆円を超えています。
中国が高度成長している最中の近年の数年間に徐々に売却していますから、凄い高収益を上げた可能性を想像します。

中国経済が急上昇している最中に、すでに売却を始めるとは、普通の投資家の心理の真逆です。
とにかくGSが凄いのは、NYの9・11テロにしろ、リーマン・ショックにしろ、すべて完璧に切り抜けて逆に巨利を上げるという信じられないような稀有な投資実績であることです。
まるで、GS=米国の意志、のような投資会社です。その背景に非常に大きなモノを感じます。

最近でも去年の11月13日のブルームバーグの報道では、米ゴールドマン・サックス ・グループが、韓国の資産運用事業から完全撤退する内容を公表しています。
ちょうどその前月頃は、世界の国債の格付け評価において、韓国が日本の上をいく格付け評価がなされ、ユーロ圏が韓国国債を増額する報道もされておりました。
しかし、GSが韓国撤退の報道がされたこの半年間に、韓国の多くの貯蓄系銀行が破綻するなど韓国の国内経済と株価が急変しています。

では、東日本大震災の時に、GSは日本に対してどんな方針を取ったのでしょうか?
GSの東京の社員が空気汚染を恐怖して、米国本社に避難・撤退を打診したところ、
「日本を離れたら首だ」「この業界では世界中で働けないと思え」と返答したという噂がネット上にあります。
現実にGSは、東京から動く気配がありませんでした。
おそらく日本の平均株価8000円モノを、膨大に保有しているかも知れませんね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.