中国の帰国子女

中国人帰国子女は、意外にも活躍していない

前回は、中国の経済成長モデルの転換を促すポテンシャルを秘めた90後(199年代生まれの中国人)の生態を紹介しました。今回は、やはり経済成長モデルの転換に影響を与えうる中国人帰国子女を紹介します。

私自身、中国と日本で約半分ずつ暮らし、中国にきちんと戻ったのは2012年1月ですから、半分、帰国子女のようなものです。上海で帰国子女のコミュニティの中にいると、「American born Chinese(アメリカ生まれの中国人)」などがたくさんいます。しかし、彼らが活躍しているのかと思いきや、意外と「中国の労働市場」で活躍していません。むしろ隔離されている雰囲気があって、私はビックリしました。

ここで言う「中国の労働市場」とは、「体制内の労働市場」のことです。中国には「体制内の労働市場」と「体制外の労働市場」があり、この2つの労働市場の間には見えない壁があります。この「体制内の労働市場」に帰国子女がまったく活用されていないのです。

「体制内の労働市場」とは政府関連企業や国有企業のこと、「体制」とは公務員、国有企業の職員、共産党員や軍関係者ら中国の特権階級の総称です。一方で「体制外の労働市場」とは民営企業、外資系企業やスタートアップなどを指します。

最近、中国ではトップ大学の学生が希望する就職先の選択肢が、「体制内」の「超安定的な公務員」か「もう少しアップサイド(給料が上がる余地)のある国有企業」になりつつあり、「体制外」の人気は下がり続けています。
なぜ「体制内の労働市場」の人気が高いかというと、そこに入ると、安定した収入とさまざまな福利厚生を得るだけではなく、仕事もそれなりに面白いことができるからです。その厚遇ぶりは驚くほどです。

たとえば家1戸を普通にポンともらえたりします。弊社の金田と郡谷が以前、住んでいた上海の賃貸マンションは、上海電力の社員が所有する物件で、それは会社から支給されたものでした。その社員は家賃収入だけで月に数千元入ってくるので、それだけでも生活安泰です。ちなみに、上海一等地における土地の価格は1平方メートル当たり軽く10万元(150万円、1元=15円換算)を超えるので、標準的な広さであればいわゆる億ションとなります。

私がマッキンゼーで担当したクライアントで、インフラ系の国有企業がありました。国有企業は利益をあまりにもたくさん生んではいけない、適正な利益にしないといけないという建前がありますが、それ以上に儲かってしまっていました。

そこで会社はその利益をどうしたか。グッチのバックに現金をいっぱい詰め込んで、年次総会で社員に配ったそうです。もちろんこれは極端な例かもしれませんが、国有企業にはそのほかにも、クビに絶対ならない、給料はずっと上がり続ける、夕方5時きっかりに帰れるなど、体制外の人間からは想像もできないような保証がたくさんあります。

軍隊の待遇も非常にいい

私のいとこは国営の某大手銀行の海外支店で支店長をしており、35歳で年収が約150万元(2250万円、1元=15円換算)あります。確かにゴールドマンサックスなど外資系金融に比べたら低いかもしれませんが、絶対クビにはならず、定時に帰れて、しかもマンションをもらえて、さらに運転手つきの車ももらえるのですから、悪くはありません。

軍隊の待遇も非常にいいようです。私の親戚の一人が北海艦隊(中国人民解放軍海軍3大艦隊のひとつ)で幹部をしています。さすがに現ナマ入り高級バックは配らないようですが、マンションや車はもらえますし、その他、軍の支給品や保養施設を使えたりします。その車に軍のナンバーがついていると、高速道路が無料になるといった特権もあります。

ちなみに、中国では金を掘れるのは軍隊の武装警察だけです。武装警察黄金部隊というチームが存在し、中国すべての金鉱を独占しています。掘っていいのは自分たちだけで、掘って売るだけですから、絶対に儲かります。さらに、内モンゴルとの国境線はすべて軍隊が守っていて、守っているだけではつまらないので、国境線周辺を畑にして軍隊だけが耕していいことになっている。この畑で小麦を大量に生産しています。このような利権がたくさんあって、軍隊はとても潤っています。

当然ながら、国有企業の男性は女性にとって結婚相手としてモテます。上海の市中心部に人民公園という、大きな公園があり、その一角にお見合い広場のようなところがあります。そこには本人ではなく親たちが大勢集まり、子どもの結婚相手を探しています。大きな紙に自分の子どもの“釣書”を書いて掲げているのです。

男性の親はだいたい息子の「年齢」「年収」「社名」「学歴」「家を持っているか」「車を持っているか」を書いています。とてもわかりやすいですね。その紙を持って、娘を持つ親たちと交換します。一番人気は「社名」が国有企業であること。親も子も、安定していることの価値が相対的に上がってきています。最近、上海で行われた調査では、公務員が女性にとって最も結婚したい相手の職業であるという結果が出ました。

しかも、国有企業はアップサイド(給料が上がる余地)があって、最近はMBAにもどんどん派遣してもらえます。それなら自分で留学する必要もなく、一攫千金を狙って起業する必要もありません。リスクを取ることの相対的価値がどんどん下がっています。規制当局との関係も密なので、担当する仕事のスケールも大きく、やりがいのある仕事ができるという評判もよく聞きます。

「体制内」に入る方法

また、体制内に入ることで、戸籍が格段にもらいやすくなります。中国で戸籍の問題は非常に大きい。たとえば、私は青島の戸籍で、上海に住んでいても、上海人と同じレベルの医療や教育の福利厚生を受けられません。結婚して子どもが生まれたら、奥さんも子どもも受けられません。受けられたとしても、相当な格差がある。いわば国の中に国があって、戸籍はパスポートのような感覚です。

戸籍がなければ実質、“異国”で暮らしていけません。しかし、国有企業に入ると戸籍を発行してもらえます。これも福利厚生の一部です。「国有企業に就職すれば、あなたは上海人になれますよ。奥さんも子どもも上海人になれますよ」という誘惑が大きいのです。体制外の企業にも戸籍の枠がありますが、国有企業と比較にならないほど少ないです。

では、「体制内」にどうしたら入れるのか。大学で共産党員になり、卒業後に官僚になるか、政治家になるか、国有企業に入るか、その周辺の関連企業に入るか――という道から選択することになります。

公務員は日本の国家1種ほど難しくはないものの、試験を受けなければなりません。しかし、国有企業は筆記と面接ぐらい。エリートではなくても、そこそこ優秀な大学を出て、政治的に問題がない人物であれば入れます。つまり、頑張って公務員試験を受けると、「超安定的な公務員」になれて、そこそこ優秀なら「もう少しアップサイド(給料が上がる余地)のある国有企業」に入れる。

問題は、優秀な帰国子女に両方とも選択肢がないことです。中国から海外に留学する人は毎年40万人います。農村部の人はビザがほとんど取れないので、留学しているのは北京や上海など1級都市の学生で、おそらく人口の1割を超えているでしょう。ところが、留学から帰ってきてから国有企業に入るのは難しく、自動的に「体制外」の人間になってしまいます。

私の友人で、スタンフォード大のMBAを修了した中国人がいますが、国有企業に入るべく、3カ月間就職活動を頑張っても、ことごとく不採用になり、結局、外資系の金融に落ち着きました。

MIT(マサチューセッツ工科大学)スローンMBAを修了した知人によると、同MBAを取った大陸出身の人は全員外資系の企業に入ったのですが、それは本意ではないそうです。多くの留学生は経済成長の著しい祖国に帰って働きたいと思っています。しかし、大陸で魅力的なオプションのひとつである国有企業に入ろうとしても、共産党員でもなく、国有企業のしきたりや文化、コミュニケーションルールにもついていけない自分が入ったら、たぶんうまくやっていけない。日本の大企業に中途で入ったように浮いてしまって、キャリアパスを描けない。それで、仕方なく香港で外資系の金融に入る人が多いようです。

外資系から国有企業への転職も難しいようです。私と昔一緒に働いたことがあるマッキンゼーの中国オフィスの知人をみても、マッキンゼー出身者で「体制内」に転職できた人は、ほとんどいません。中国のトップ大学である北京大学を優秀な成績で卒業しても、いったん外資系に入ってしまうと、その後、「体制内」になかなか入れない。

つまり、帰国子女や外資系企業出身者にとって、「体制内」の壁は万里の長城のように厚く高いのです。

政府が民営企業にイチャモン

ところが、最初に「体制内」に入ってしまえば、内部では人材の流動性が非常に高い。中央官庁から国有企業へ、また国有企業から中央官庁や競合の国有企業への転勤はごく普通にあります。それは、国資委(国務院国有資産監督管理委員会、中国の国有企業を管理・監督する組織)がすべての国有企業を管理しているからです。イメージとしては、ひとつのホールディングカンパニーが150社ぐらいの国有企業を統括している状態です。日本でいえば、NTTの社員をソフトバンクに異動させて、その後、国土交通省に異動させる、みたいなことは日常茶飯事です。

中央官庁の高官が国有企業の社長になったり、国有企業の社長が中央官庁の高官になったりもします。日本の場合、中央官庁から民間企業に天下りするのは、年を取ってからですが、中国は若くても公務員から国有企業への異動がひとつのキャリアパスとして存在します。政策を作って、企業でトップもやって、また政策を作る。仕事が国の政策と結び付いているので、面白く、やりがいもあるでしょう。

「体制内」で人材がくるくる回り、「体制外」でも中国は転職や起業が多いですから、人材の流動性が非常に高くなっています。しかし、「体制内」と「体制外」の間を行き来している人はほとんどいません。最初のピットレーンで2つに分かれたら、その後で交ざることはないのです。帰国子女は片道切符で「体制外」に行ったきり、戻って来られません。

また、最近「国進民退」という熟語がよく聞かれるようになりました。この5年間、体制内の力がどんどん増して、民間企業をはじめとする体制外の力が衰退してしまったという意味です。

そもそも、国有企業は事業展開上、その権限を最大限に利用しています。われわれのようなスタートアップ企業は銀行から融資がもらえたとしても年利率は20%で、大型の民営企業でも10%です。ところが国有企業だと、平均5.3%で融資を受けていると言います。薄熙来が市長として権力を振るっていた重慶をはじめとして、政府が民営企業にイチャモンをつけ不当に利益を得ることさえよく起こっています。

しかし、ここまで国有企業が力を増したきっかけは、2008年9月のリーマンショックです。その直前までは民間企業や外資系への就職や起業もかなり人気がありましたが、経済が悪化して風向きが急に変わってしまいました。雇用を安定させて、国の力を強くしようという狙いで国有企業を強化する流れになったのです。2008年を境に国有企業職員の平均給与は民間企業のそれよりも急速に高まっており、公開資料によると現在では63%も高いそうです。

国有企業がどんどん力をつけてきて、国有企業のトップ150社の合計営業利益が、すべての民間企業の合計営業利益よりも多いという、おかしな状態になってきました。2003年に国資委が設立された時、多くの国有企業が給料の支払いも滞りがちであったことを考えると、とても大きな変化です。

大富豪のほとんどは、「体制内」の不動産王

中国の政治家には10億米ドル(980億円、1ドル=98円換算)以上の資産を持っている人が83人いる、という調査結果があります。ちなみに、資本主義の総本山であるアメリカの参議院の中で、これほど資産を持っている議員は一人もいません。また、アメリカの「フォーチュン」誌が発表する富豪リスト500人のうち、122人が今は中国人で、日本人はたったの22人です。そのほとんどが「体制内」の特権のひとつである不動産がらみでお金持ちになった人です。同誌の発表する上位企業500社の中にも、中国企業が70社ランクインしてきていますが、そのうち民営企業はたったの6社です。

今でも体制外で活躍するする帰国子女は多くいますが、「国進民退」という大きなトレンドにより、以前に比べるとその活躍の場が狭まっているように思います。

もちろん、体制外で活躍している優秀な人も多くいます。中国のネット業界大手のテンセントに転職したマッキンゼーの同僚に聞くと、国有企業からのオファーもあったけれど、業界最先端をいくテンセントを選んだと言います。待遇もすばらしく、絶対額で評価しても日本の金融機関をしのぐ高い水準です。会社における事業機会や自由度を考えると、外資系が第1志望と考える人も少なくありません。国有企業はまだまだグローバル化が進んでいないので、グローバルで活躍する機会を考えて、あえて外資系企業を選択した友人も多くいます。

しかし、中国の民間企業で、「いい就職先ね」と友達や親戚に言われるのは、HUAWEIやレノボなど数えるほどしかありません。それなら「国有企業のチャイナモバイルのほうが断然いい」と思われています。民間企業は国有企業に入れない人が入るという感覚がそうとう強くなっています。マッキンゼーの採用担当者に聞くと、「10年前までは北京大学のとびきり優秀な学生が採れた。最近はトップ1%ぐらいのヤツは採れるけれども、いちばんいいヤツは採れない」と言います。

コメント

非公開コメント

No title

確かに語学が身についたとしても、それは純粋培養されたその国のヒトとは違うし、コンプレックスの固まりをもっているヒトからねたまれるだけ。特に国のインナーサークルに入っているヒトはプライドも高く、コンプレックスは人一倍。これは中国だけではなく日本も同じ。日本はぬるま湯の中でお仲間ゲームを一生やり続けられるヒトしか出世できないし、その出世をしようとしている会社も結局その間に沈没寸前になるだけ。中国だって、いくら経済発展しても環境ぶち壊しているだけなので、とても住めない。

私は、思い切りアウトサイダーになってしまったのだが、今のところその方が労働環境、生活環境全くましになった。欧州のインナーサークルには絶対入れることはないけれど、アウトサイダー的な見方は投資にも通じるので、人生至るところに青山ありか。

No title

>確かに語学が身についたとしても、それは純粋培養されたその国のヒトとは違うし、コンプレックスの固まりをもっているヒトからねたまれるだけ

仰るとおりです。特にこれは留学して帰国後に感じましたね。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.