転載 今日から長期出張です。

 日本に打つと思っている人がいるのかもしれないが、日本市場を崩せばまた世界恐慌がやってくる。そんなことをすれば、北の幹部は皆殺しの目にあうのは目に見えている。日本を含む西側に対して、いわゆるテロ国家と言われている国々は、最終的に勝つことはできない。なので、やるわけない。まぁ、アメリカが正義でもないけれど、今は日本もつるんだ方がいいわな。(つるまないのならもうイッチョ、リメンバー・パールハーバーだもの。それならそれでいいけどね)
 ただ、「なんだかんだ言いながら、結局、空売りする→テロ起こす・・・カラ売りで儲けていただけのマッチポンプ」のアルカイダとかと同じで、日本市場に北やその支援国家の資金で”大きな売り”が入っている場合は、本当に核を落とすかもしれない。そりゃそうだ、株価暴落するもの。儲かるでしょそしたら。
 北朝鮮がタダのキチガイ?とんでもない、単にカネ欲しいだけです。ていうか、どこの国も常にカネ。日本くらいです。カネカネ言わないのは。カネのためなら他の国の人命なんてどうなってもいいでしょ。それがテロであり、テロ国家なんだから。道徳もへったくれもないんです。権力者のカネがいちばんな訳ですよ。それで儲けてるんだよね。テロリストやテロ国家っていうのは。
 みんな真似するから言わないけど、たとえば、上場企業で結構いい感じの企業に「○○工業を爆破する。理由は、社長のスキャンダルだ」っていって、スキャンダルを出して人目を引いて、さらに、ちょっとポンって膨らむモノを本社に送りつけただけでも結構株価落ちると思う。それを大規模にやっているのがテロリストと思っていい。要するに恐怖による金銭収奪が奴らの最終目的。ジハードだの人間爆弾だの言っているバカは所詮下っ端の鉄砲玉。どうでもいい奴なんだよ。テロリストも上がカネ欲しいだけだからね。日本人は甘過ぎ。幕末とかもすべて、カネの論理以外にないということを肝に銘じて考えれば今後の動きもすぐにわかるはず。
 ただ、一つ北朝鮮に希望するなら「早く南のウザイチョン公つぶしてくれ」ってこと。サムソンもなにもかも、なくしていいよ。そうすればそこの売上の分も日本とアメリカで分ければいいんだから。どうせチョン製品は質が悪いからな。いいんだなくたって。
 南よりも北を応援したい(それだけチョン公ウザイ。どうせウザイならつぶし合って欲しいと思っている)二階堂でした。だって、北がやる気になれば、一瞬だもん。ダム決壊させて、ソウルに核落とせばいい。アメリカ来る前にすべて終わるよ。アメリカ来たって、水ってのはどうにもならない。
 ただそのあと北朝鮮は国連軍という名の米軍に大反撃くらうだろうし、人民解放軍の瀋陽軍もきてデタラメな最後になって、結局「まぁ、死んだのチョン公だからいいじゃん?」って話になるだろうけど。北はアホだし、南は嫌われ者だし。なくなってもいいんだもん。
 とにかくまぁ、北朝鮮は早くソウルを落として下さい。

コメント

非公開コメント

No title

アメリカと日本の株価の動きをみていると戦争需要が伸びるという予測なのかもしれないなと思う今日この頃です。アベノミックスの金融緩和ももちろんあるけれど、戦争が需要拡大に一役買う気がする。地上戦を長くやるシナリオなら、あまり日米には大きなダメージがないので、適当にお茶を濁した対応をとれる。

アメリカからみれば、黄色い猿同士が戦ってくれることは何の痛手でもないし、その視点でみれば、日中か南北で争ってくれて、自滅してくれるのが一番いい。日中というのはそこまでバカではないし、南北も何かの背後関係があれば、安心して戦争もできる。北の一部を中国にくれてやるし、南を一部占領させれば少し餓えは回復できるし、親中国の領土も増える。

日中で戦わせるのは、世界にあまりにも大きな影響があるので、少し楽しめやというのがあるのでは?

No title

aaさん

多分そうでしょうね。これがあるから去年から大きく落ちずに株価があげてきた。そういうことだと思います。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.