二階堂さんより 転載

 複数の個人投資家は指定したサーバーの更新情報が通知されるソフトを使っており、新たなデータが保存されたことを表示が出る前に把握。過去に重要情報を掲載したページのアドレスの日付部分などを書き換える方法でアドレスを割り出し、データにアクセスしていた。投資家らはアクセス後に保存データを閲覧した企業の株を購入。一部は重要情報の公表前後の売買で数百万円の利益を得ていたという。
 金融商品取引法は、職務を通じて公表前の重要情報を得た会社関係者や、会社関係者から情報を得た人物による株売買をインサイダー取引として禁止している。投資家らはいずれにも該当せず、同法違反とはならない。
(上記は日経引用)

 インサイダーなんて余裕だよ。どうせSESCなんて課徴金しかないもの。よほどのアホじゃない限り・・・強気に出れば、検察から来ている腰抜け上司が「やめよう」っていって、簡単に課徴金で済ませられる案件に流れるもの。警察がチャリンコ泥棒ばっかり捕まえるのと一緒。「課徴金でも難しい案件でも一件は一件。検察からSESCに出向している検事にしてみれば、危ない橋渡って巨悪やら小悪党をいじくるよりは、すぐにビビって歌う素人に毛が生えたのをやった方がいいっていう状態。いまならやりたい放題。国税はちょっと違って恐ろしいけど、SESCは腰抜けだよ。佐渡が悪いんだけどな。あいつ現場なんもわかってないもの。

 ちょっと海外口座、しかも全然関係ない奴の口座でいじくれば、1000%捜査の手なんて及ばない。ましてや俺みたいに、法務省は知り合いだわ、永田町の顔もあるわ、日弁連幹部とも幅広いつながりがあるような、でも、やられたら本気でやり返してくるような奴相手に何もできるわけがない。だからやりたい放題。分け前流せばいいんだもん(笑)。
 インサイダー?いくらでもやりたい放題だよ。上記の理由で、自供しなきゃなんもないもの。SESCは逮捕権ないし全然怖くない。俺なんてホラ、中国ルートもアメリカルートもあるでしょ。そっち使えばすぐ日本の捜査機関なんてごめんなさいだもん。

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.