これだこれ、自分が考えていたこと

『機械との競争』を読んだ。私が直観的に感じていたことを、頭のいい人たちはとっくに気づいていたようだ。

「技術革新によって機械が労働者の仕事を奪う」という考え方は、「労働塊の誤謬」と呼ばれ、錯覚にすぎないとされてきた。たとえば19世紀初頭のイギリスでは、職人たちが機械を壊して回る「ラッダイト運動」という事件が起きた。しかし、それから20世紀にかけてイギリスの経済規模は脹れあがり、失業者は新たな産業に吸収されていった。

蒸気機関の発明、内燃機関の発明、電気の普及……。革新的な技術が生まれるたびに、それまで人間のやっていた仕事が無くなった。しかし技術革新は新たな需要を生み出し、新たな産業を作る。そして、失業者を吸収して社会全体が豊かになる。これは机上の空論ではなく歴史的事実だ。

ところが、人間の学習速度には限界がある。

たとえ話をしよう:都会に出てきた15歳の少女がエレベーターガールの仕事を得て、それから30年間続けたとする。ところがネット通販の興隆によってデパートがつぶれたとき、彼女が学習してきた職業上のスキルは水泡に帰す。45歳になった彼女は、たぶんAmazonでは働けない。

>>>>>>>>>>>>

近い将来大量に増えるであろう『コンピュータやロボット以下の仕事しかできない人』を社会としてどう養っていくか」。読売新聞(2012年7月5日)

あのー日本の政治家はどいつもこいつもコンピューター以下の仕事しかできないんですが…

>>>>>>>>>>>>

産業革命時 羊が人を食う
2010年以降 ネット企業が職を食う
高速売買プログラムがトレーダーを食う

コメント

非公開コメント

No title

不効率な社会の方が職があるし、効率化が進めば進むほどヒトはいらなくなる。それは社会にとって幸福かどうかはよく分からない。特に先進国のヒトにとってはどうかと思う。

No title

そういう意味では、人口減の先進国は逆に未来があるのかもしれません。

No title

OVA "Armitage III"では科学技術があまりにも発展してしまい、
高性能人形アンドロイドに多くの人が職を奪われる暗い未来が
描かれていました。

ATS "Fractale"では逆に科学技術の発展の恩恵を全人類が
受けられるようになり、自堕落な生活をする者達が増える
描写がされています。

(両作品ともにそれが"ある事件"へと流れます)

Armitage III
http://en.wikipedia.org/wiki/Armitage_III

Fractale
http://en.wikipedia.org/wiki/Fractale

良い社会ってどういう物でしょうね ?
私個人は"頑張って働いた人が報われる"と"貧困の撲滅"を
可能な限り両立させた社会だと思います。

"ワークシェアリング"と"ベーシックインカム"の導入、並び
"生活保護は身体障害者と難病の人のみ許可"、に落ち着くだろう
と一応予想して置きますね。

No title

結局のところ、その時代時代にある物(機械やソフトウェア)を組み合わせて、何が出来るか(或いはその逆。)を考えられる人が、常に相応の収入を得られる人。

それが出来ない人は、そういう考え方を持つ人から与えられた仕事の範囲で生活するか、田舎で自給自足の生活をするしか無い。

そんな風に思います。
個人的には、ある程度のお金が出来たら、それでホテルなりレストランなりのオーナーになって、運営は若い方にお任せして、自分はのんびり夕陽を眺めて好きな事をするなんて生活が理想ですけどね。(笑)

現実化の為には、タネ銭とZenjiさんの様な有能な方のお力添えが必須ですが。(笑)

No title

自分はアメリカのドラマ「ギャラクチカ」再創造編を愛してやまないんだけど、近年の機械技術の進歩、特にロボット技術の進歩を見ていると、ギャラクチカの世界もそう遠くないように感じる。

スターバックを彼女にする勇気はないけどね(笑)

No title

競争の末、マシンが突如として意識を持ち、全人類を逆支配する
のはまだまだ早いと思っていますが、個人類はすでに99%の者が
マシンに負けています。

創造性でマネタイズできる残り1%の者だけが、新貴族になれる
そうです。

それか、マシンのオーナーになってキャッシュフローを手に入れる
というマシンと争わないで、強い助っ人とする方法もあります。
この場合は特殊な才能は要りませんが、多額の資本が要ります。

必要最低限のタネ銭を手に入れる強運も必須でしょう。


もう、悲しいので、私は世を捨て庵を結ぼうかと思ってしまいます。
ブログ主さんのハンドル"Zenji"にあやかれて吉兆かも。

No title

 機械化とIT化は相互干渉があるが別の現象ではないかと思う。これは冷静に考えると、恐ろしい未来が待っていると見ている。
 トニカクCPUと記憶装置の大容量化と検索および引き出しの能力、保存の能力の拡大化は空恐ろしく、そのれを運用するソフトがまた大きくものをいう。
 いやほんとに怖い。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.