アメリカに製造業が回帰する傍証

ヒューストン中心部から南へ約100キロメートル、メキシコ湾に面したフリーポート市。ここが今、米国製造業の復権を象徴する場所になろうとしている。

町のどこからでも視界に入るのが世界最大の化学メーカー、ダウ・ケミカルの石油化学コンビナートだ(写真)。工場の敷地面積だけで約2800万平方メートル(5.3キロメートル四方)、工場以外を含めた全敷地では約6900万平方メートル(8.3キロメートル四方)に及ぶ。単独企業の化学工場としては北米最大規模だ。ダウが米国内で販売する製品の44%、世界販売全体の20%がここで生産されている。同社は昨年4月、シェールガス由来のエタンを原料として、世界最大のエチレン工場をここに新設する(17年稼働)と発表。アンドリュー・リブリスCEOは、「米国のガス価格の低位安定により、米国製造業は再生の時を迎えた」とコメントした。同社はここで大型プロピレン工場も新設する(15年稼働)ほか、昨年12月にはルイジアナ州のエチレン工場も4年ぶりに再稼働した。原油由来のナフサを原料とする欧州・アジア勢に対し、原料コストで圧倒的優位に立てるとの自信が裏にある。

東洋経済より
http://toyokeizai.net/articles/-/13081

おまけ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1482664574

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.