トレーダーより凄い28億!!!

当たり馬券配当30億円、外れは経費?…裁判

競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた会社員男性(39)が大阪地裁の公判で無罪を訴えている。

配当を得るための「必要経費」には膨大な外れ馬券の購入額も含めるべきで、当たり馬券だけから算定したのは不当と主張。国税関係者は「競馬の必要経費が法廷で争われるのは例がない」と審理の成り行きを注視している。

国税当局は、必要経費について「収入の発生に直接要した金額」と定めた同法を根拠に、競馬の場合は当たり馬券の購入額のみと判断。配当額から必要経費を差し引いた所得を「一時所得」とし、一般的には給与以外の所得が年20万円を超えれば確定申告が必要になるという。

男性の弁護人らによると、男性は07~09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。大阪国税局は税務調査の結果、配当額から当たり馬券の購入額を差し引いた約29億円を一時所得と認定したとみられ、無申告加算税を含む約6億9000万円を追徴課税し、大阪地検に告発。
地検が在宅起訴した。

今月19日にあった初公判で、検察側は「男性は確定申告が必要と認識していた」と違法性を主張。男性は「多額な所得を得た事実はない」とし、弁護側は「外れ馬券も含めた購入総額こそが必要経費。一生かかっても払えない過大な課税は違法性があり、無効だ」と反論した。

男性は、課税を不服として大阪国税不服審判所に審査請求している。

男性の弁護人らによると、男性は会社員としての年収が約800万円。04年頃、競馬専用の口座を開設して約100万円を入金し、競馬予想ソフトを使って、過去の戦績などから勝つ確率の高い馬を選ぶ方法を独自に開発した。馬券の購入にはインターネットを利用し、仕事のない土日に全国の中央競馬のほぼ全レースで馬券を買い、配当収支の黒字が続いていた。

その配当金は自転車操業的に次の購入資金に充てており、口座には週明けに馬券の購入総額と配当総額の差額が入金。このため残高が数十億円単位になることはなかったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121129-OYT1T00868.htm

コメント

非公開コメント

あさましい

 日本は目こぼし、例外。番外、まともでないといった領域があり、そこに西洋の法的平等性を適用するとおかしなことになる。
 これはいろいろな面にあり、直面すると、非常なストレスが溜まる。
 その昔、トルコ風呂の従業員二課税をして、新聞に乗ったことが在る。もう30年くらい前だったと思う。
 それに対して批判があった
1)課税をすることはトルコ風呂を合法と判断したことになる
2)税金がその出所を問題にせず、ただ銭だけとなったから。課税のモラルがなくなり、その金で運営するから、トルコ風呂という仕事(?)とたとえば大工の仕事とが同じになり、それは社会影響して、レベルとモラルが崩壊する
3)上記のことが分からないようでは我国官僚も浅ましく、やがてわが国は崩壊するが、それは経済ではなく上記の区別がつかなくなって、崩壊する
4)かわら乞食という言葉があるが、芸人の銭はそのようなものだから、普通の人は幾ら芸人が銭をとっても、それには目もくれない人生を皆送っているがそれがこれから変わるだろう。
 つまり芸人が稼ぐ銭で評価され、芸で評価されなくなる
5)いわゆる、あぶく銭で生きている人にとが、大手を振って歩くようになり、しかも能書きを言うようになる。
 芸人のボランチアや、一日警察署長などがふえるだろう。

大体上記のようだったと記憶する。世の中には慧眼の士がいる。
何故か印象に残っている。それに<課税するかトルコ嬢>にと思った。

我国の税金問題は、少ないのではなく、課税の額でもなく、課税の構造とその徴収がおかしいからだと思う。
 一番は宗教法人への課税をすることでしょう。
それと国民番号による、徴税でしょう。国際化がすすむならなおさら必要でしょう。
 退職したら、発展途上国で、過ごして、年金の差額をためて、老後に備えるという作戦でしたが夢と消えました。

失礼

競馬をしませんので、課税方法のみに目がいきました。
馬券で億も稼ぐことがすごいと言う事で、しかもそのソフトが100万で買い、自分で改良したとの事です。ここが注目点でした。

以前飲み屋でスポーツ新聞を見て、名前の形から,騎士の重量その他に法則があり、ソレヲ元に予測をするというので、やり方を訊いて、一年付き合った。見方を示すだけで、買うことはしなかった。
 それをすると1,2,3のうち二つは必ず当たった。そのため後すこしsとすこしとしたが結局、だめだった。

 馬券予想方法をネットで販売して、大もうけをした人が実際にいる。当人に偶然電車の中であったので、聞くと<本当だ、国税局が来た、国税局がだよ。ドアーをたたくから何かと思ったら国税局で、個人でしていたので、すごい課税になり、負けてもらう交渉をしている。あんた個人だからいけない、なぜ会社にしなかったのだ>と言われたと言う。
 当人と、ネットを運営をする人と、お金の回収システムを作る人と三人でしていると言う。
 当日もどうも競馬場へ行く途中だったようです。
ネットはすごいですね。お客を1000人持ち一人1000円をもらうとそれで一月100万、電話事業と一緒でお客獲得には更なる設備はいらないから、経費は同じで、売り上げだけが増える事、NHKと同じだ。もうNHKはおしまいだが。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.