スポーツから考える日本

ここ一年はゴールドが伸びそうで伸びない変な一年だった。実に退屈。


閑話休題で、今日はスポーツの話。これまで大リーグで十分通用した日本人は黒田・野茂・長谷川のような技巧派ピッチャー。伊良部や松坂などの剛球タイプは寿命が短い。野手に至ってはイチローだけで、これも俊足堅守巧打タイプ。他は目も当てられない。

サッカーは何とか一部で通用している。

パワー・体格がものをいうバスケ・アメフト・ラグビーでは、日本人は世界で通用しない。

やはり日本人は細かい技術で勝負しないとダメだな。だからといって、ノホホンとしていると柔道やスキーのように日本人が勝てないルールに変えられてしまう。これからの日本企業は、最先端特許・細やかなサービス+政治力・情報収集力・スピードで勝負しないと世界に取り残されていく。

しかしながら、今度の選挙で民主党が生き残ることになれば、その作戦もできないだろう。そうなったら自分は日本という国に見切りをつけることにしている。


コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.