新ユーロ

大統領選は終わった。年末にアメリカは減税措置が終了する。ギリシャやスペインも年内に結果がでるだろう。ここから来年の新ユーロ札導入まで、相場は荒れる可能性が高い。ユーロから離脱国がでてもおかしくないのだから。


>>>>>>>>
 2002年1月1日から導入されたユーロの紙幣と硬貨は、今やユーロ圏17カ国の3億3300万人が日常生活で用いている。だが、偽札は導入とほぼ同時に現れ、これまでに発見された偽札の枚数は550万枚、額面金額では3億ユーロ(約300億円)に上るといわれている。これも一部に過ぎず、実際にはこの4倍から5倍が流通していると推測されている。

 最も偽札が多いのは、流通量が2番目に多い二十ユーロ紙幣で全体の42%を占め、次いで五十ユーロ紙幣が35%を占めるという。高額紙幣の部類に入る百ユーロ紙幣になると、人々が注意を払うため偽札造りも手控えるのか、11%にとどまるという。

 EU圏の偽札の約半数はイタリア南部のナポリ近郊で印刷されているとみられ、ナポリ偽造団の二十ユーロ紙幣は「最高の出来だ」といわれてきた。だが最近、ブルガリアで本物と見分けのつかない偽二百ユーロ紙幣が発見され、EU中央銀行筋は警戒を強めていた。

 捜査当局の手に負えないのであれば、偽札を退治するには新しい紙幣を発行するほかはない。このため、欧州中央銀行(ECB)は近く、偽造困難なすかし絵入り新紙幣の印刷に着手し、13年には新しい札が流通し始める見通しだという。偽造団も腕まくりして待ち構えているに違いない。(坂本鉄男)

コメント

非公開コメント

No title

> だが、偽札は導入とほぼ同時に現れ、これまでに発見された偽札の枚数は550万枚、額面金額では3億ユーロ(約300億円)に上るといわれている。これも一部に過ぎず、実際にはこの4倍から5倍が流通していると推測されている。

これがわかると紙幣、ないし通貨の意味を理解したコトニなる。その昔、父親が、街にある、あるシ商売をしている人について、<アノ人は岡山のほうで、戦前、贋硬貨(贋金)をつかって、、種銭を作り、ここへ着て商売をして成功したと言う話だ>と話したことがある。当時は贋金で、どうしてできるんだろうとおもったが、今は国債発行でその意味がわかるわけだが、そもそも、お金(ゴールド)と贋金(紙幣)は表裏一体のもので、そのバランスが崩れると、両者は力を失う。
 ゴールドだけでは経済は動かせないと見ているが、考えれば考えるほど、わからない。

 それと我が国は手形と言う贋金か本物の金かわからないものが経済の下支えをしており、この考察をしないと我が国経済は理解できないと思う。この手形こそ交換価値としての紙幣を如実に現していると見ているがこれも良く、わからない。

 知人は<昔は手形取引はあぶなかったが、今は逆で、現金決済をする企業のほうが危ない>との事です。

 地方の小企業においては面白い話を聞くが、
ひとつ 聞いた話を

<あるところに土地があり、それが仮に5億するとする。そのとき買収をする時、いろいろ言い含めて4億で取引して、後は会社の取締役にして、年1000万給料を払うと条件をつけて、取引をまとめて、取締役にして、二年後株主総会で解任して、さよなら>と言う取引があったという。
 この取引において、どこが贋金か考えると、変な感じになる。
そもそも土地に、何の因果かしらないが、急に5億で買収と言う話が贋の感じがする。納める税金が多いから、それから逃れるための話が、贋か、それとも取締役はその程度の人がなると言う話か?

 しかし似たような話があったと言う。田舎の親父をだます事など簡単と言うより、欲にはきりが無いかなあ。

  ドルもユーロも新紙幣発行ですから、何かありますね。
白金の買いポジを一つ増やしました。

No title

 白金ひとつ手仕舞いして、しない事にしていた、両建てをして、暴落に対する手を打った。
 キジカの取引が成立していないからです。

No title

何だか、よく分からない時代ですね。

債務問題は数年前からクローズアップされ、あっという間にヨーロッパ中を不景気に巻き込んだ。たかがギリシャというどうでもよさそうな国の出来事でしたが。

実際、仕事をしていても、なんだか不景気感は否めない。

この先、どうなるのでしょうか?

No title

aaさん

フランスの銀行がギリシャ債券をしこたま持っていますからね…影響はでかいです。フランス政府にしてもれば、ギリシャこそL'enfant terribleでしょう。

No title

ギリシャの債務ってなんであんな多いのですかね?例えば大国の銀行がたくさん貸すとしても。もともと借金できるような体質でもないのに、金利を高くできる運用先ということで市中の銀行が貸し込んでユーロに加入したときからの問題が一気に噴出したのか?例えばアメリカの場合、軍事費がかさみ、財政赤字になるというのは理解できるけれど、ギリシャは公務員とか、社会保障などの問題だけで、欧州中を巻き込んでいるのがよく分からない。

仮にデフォルトしたとして金融機関が棒引きし、それに公的資金をいれて、数年、数十年で返済していけばよい話。国民が増税により負担する必要はなく、インフレにすればよいのみ。それで実質的に国民が負担することになる。この先、何を欧州経済を目指そうとしているのかゴールがよく見えない。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.