出張で聞いたこと

同業者から聞いた話。

今年は、普段介入しない小国までがアメリカと歩調を合わせてFXや株に介入している。大手のヘッジファンドが損を出しているのも無理はない。

鉱山株は、アメリカの株価操作の対象になっており、今後現物が伸びても価格が伸びないという現象が起こるだろう。一般人は調整時に現物を買い込んでアホルダーが良い。10年後に笑える時がくる。短期で一喜一憂してはいけない。

コメント

非公開コメント

No title

私の場合、金も金鉱株もド素人なので、適当な時期に適当な銘柄購入しているけれど、10パーセントぐらいの含みが5パーセントぐらいに縮小している。これも円安にふれているからキープされているだけ。このポートフォリオもそんなにひどぐぶれないし、あまり上がらないだろうと思っている。不動産は時価気にしなくて済む。最近、賞与と数百万もらってもそんなに嬉しくない。総資産からみれば、金利や含み損益の増減と同じレベル。

むしろ、今の時代大切なのは失業せずに済むことで、社会性の維持、ボケ防止が大切と思っている。

スペインの25パーセントの失業というレベルには驚くが、失業率が25パーセントになるころには、失業せざるを得ないだろうと思う。

No title

aaさん

スペインでもエリートクラス失業率は12%くらいのようです。

欧州不景気は長引くでしょうね。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.