高年さんより転載

[大っぴらには出来ませんが、もう準備万端]
この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/philmharuki/63138750.html

大きな声では言えませんが、本当は----整えました。

2012年9月11日 火曜日 一般公開

解説

プロ達は 欧州中央銀行総裁の大量放水の約束の実態は水鉄砲で有る事を承知しています。 彼らは鎮火出来ないと考えています。 NYタイムズの報道です。
http://www.nytimes.com/2012/09/03/business/economy/us-companies-prepare-in-case-greece-exits-euro.html?_r=1

■■■
報道のポイント:
★コンサルタント会社の最新の調査では、顧客の全体の8割は「ギリシャのユーロ圏離脱」が有り得ると考えており、その中の25%(即ち顧客全体の2割)は、ギリシャだけでなく数カ国がユーロ圏から離脱すると考えている。

★Bank of America Merrill Lynchは、ギリシャの支店が窓口閉鎖となった場合、現金輸送車をギリシャに送り込み、顧客及び自社の従業員の給料を渡す段取りを考えている。 フォードは、既にコンピューターのソフトを変更して、ギリシャの新ドラクマ通貨が登場しても即時対応出来るように準備完了。

JPMorgan Chaseは、既に自社の顧客の大手米国企業の為に新ドラクマ通貨だけでなく、他のユーロ圏離脱国の新通貨の為に、新しい口座を準備している。

★コンサルタント会社のCorporate Executive Board社の Paul Dennis氏は
「もう殆どの会社が準備を終えたと言っても良いでしょう。 顧客の全体の8割は「ギリシャのユーロ圏離脱」が有り得ると考えており、その中の25%(即ち顧客全体の2割)は、ギリシャだけでなく数カ国がユーロ圏から離脱すると考えている。」

ドイツのBoston Consulting Group の Heiner Leisten氏は「15ヶ月も前の時点では、こんな事態になる事は考えられなかったが、今では、有り得る事態になった。」とコメント。 

★複数のコンサルタント会社は既にギリシャの離脱のタイミングを具体的に想定している。 その一つが全世界の金融市場が閉鎖した後、即ち金曜日の夜の発表になると見ている。 そして、銀行閉鎖、株式市場や金融機関の閉鎖をして、新たな資本移動の管理が発表され、資金の移動が困難となるであろう。

顧客からの問い合わせの典型例は「もし、金曜日の晩にギリシャのユーロ圏離脱が発表された場合 どう対処すれば良いか?」である。

或る顧客は、従業員の給料として5万ユーロを誰か社員に持たせ鉄道で、アテネに送り込むと言う様な具体的な対策計画を既に建てている。

緊急事態の対策にしても大きく内容が深化して、現在は三つのシナリオが出て来ている。
(1)ギリシャ単独のユーロ圏離脱
(2)複数国家のユーロ圏離脱
(3)ユーロ圏全体の解体

★このような緊急事態に関する社内の体制については、何処の企業も口が堅いが、イベリア航空や英国航空は、スペイン(ギリシャではなく)のユーロ圏離脱の場合の対策について公言している。

★カード会社のMasterCardは「単独、若しくは複数の国家のユーロ離脱のシナリオを考えており、その場合は一日か二日でシステム変更が出来るように準備した」とコメント。

Visa社も、新たな通貨への切り替えは、顧客に迷惑が掛からないように出来るだけ短期間に実施出来ると答えている。

★企業側は対策の一環として、従業員や購入先への支払い資金だけを残して、余裕資金をユーロ圏外へ移している。

又 ギリシャの顧客に対しては、取引の支払い条件を後払いから前払いへと変更した企業もある。 勿論、ギリシャだけでなく、スペインやイタリアの銀行口座から資金を他の地域へと移している。

JPMorgan Chaseの欧州の財務部門のトップの John Gibbosn氏は「米国大手企業は未だ存在していない通貨の特別口座を開設して欲しいと云ってきているのは事実です。 極端な事態に対応する為です。 緊急に備えるても、損はしないからです。」
■■■

▽準備を整えた企業とノンビリ構えている企業とでは、その未来が大きく変わるでしょう。 リスク管理と未来予測の課題が重要である事は、最近の大手家電メーカーの浮沈を考えると良く理解出来ます。

コメント

非公開コメント

今トルコに来ていますが、トルコリラが2005年と2009年に通貨がかわった結果、3年前以上に換えたトルコリラがつかえない。そのため、国立系銀行にいかざるを得なかった。

クレジットカードも何故かパスワードが合わず使えず、ユーロ現金で宿泊代を前払いした。

現金は大事だし、トルコだと金の積み立てが結構行われている様子。シリアやイランの問題があるのかなとおもった。

イラン空爆の場合、トルコかシリアが前線基地になりますからね。

PIGSがユーロ離脱したら、ユーロは買いですね。

始めましてzenjiさん。以前からブログを拝見させてもらっていましたが今回、初めてのコメントさせてもらいます。山男といいます。よろしくお願いします。

私はシルバーに投資(1オンス25ドル以下で段階的に購入)したいと思っていましたが、買えず仕舞いで現在、買い場を待っている状態です。
zenjiさんはシルバーですといくらぐらいで購入予定でしょうか?
又は、何かのイベント後の購入予定なのでしょうか?

文章がわかりにくくてすいませんが回答よろしくお願いします。

山男さん

はじめまして。僕はゴールド・シルバーの今回の上昇に懐疑的なのです。この夏、NY株は去年の半分しか出来高がなかった。なのに株はかなり上がっている。一度大きな調整がくるとみています。銀現物を買うのはそれからでも遅くありません。

まあ、外れるかもしれません。

25-27で買えれば最高だと思います。最悪30以下。

zenjiさん

早速の回答ありがとうございます。

山男的に、ここ最近の銀の上昇後の価格では急落がありそうで買えないなーってのが本音です。
やはり30以下ですね。。。
今年中にはバイ&ホールドしたいので年末までは待ってみたいと思います。
なお、買った際には報告したいと思います。ありがとうございました。

今日のNYは上がりそうですね。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.