転載 放射能は怖い


>>>>>>>>>
今年6月に阿修羅掲示板に書き込まれていたものを全文掲載する。

福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖
2012年6月13日

私の知り合いが、福島県から三重県にやっと避難しました。それほど仲の良い人ではなかったけれど、放射能は怖いと感じた出来事があったそうです。

彼女の住んでいた福島県の○○市の、勤務先である病院で、7人の妊婦のうち、5人の胎児が流産、ダウン症、奇形児だったそうです。

7人の内訳

・ダウン症 2人
・指が6本の子供  1人
・無脳症 1人
・流産  1人
他2名は当時の段階でまだ4ヶ月とかなので経過観察中。

同じ病院内でこんな確率はあり得ない、と恐怖を感じたそうです。専門家たちの経験と知識で、やはり放射能の影響としか考えられないとの結論だったようです。

やっと旦那さんも理解してくれて、家族で避難したとのこと。

放射能でなければ、毒物混入無差別テロしか考えられなくなります。

私の周りでも、食べ物を気にしていない妊婦3人が流産しました。今年だけで3人も聞いています。6ヶ月や7ヶ月で。食べ物による放射能被曝くらいしか、原因が考えられません。

コメント

非公開コメント

 医療関係者の知り合いがいないから、まったくわからない。
 子供の被爆危険率は大人の三倍だそうです。
では卵子や、胎児はとなると、しらない。
 被爆はその強度(?)と蓄積量(?)がどうも問題のようで、一時に100ミリと。一年間に100みりとはその影響が異なるようです。
 これくらいかな。
 
 ダウン症についてだが、詳しくは知らないが、これは遺伝子の組み合わせによって確か発生率は660分の一の確率で必ず起きるものだそうです。統計上の比率は690分の一だそうです。
 そのためアメリカでは全ての出産した人が費用を拠出して、ダウン症の子供を持ったおやに、経済的援助をする制度があると、雑誌に書いてありました。
 それが事実かどうかは医学書を見れば書いてあると思うが、正しいかわからないがkenjiはこれまで正しいとおもってきた。

  いずれにしても正確な情報を医療関係者は持っているはずだが、わからない。
 
 いろいろなところが狂っているとしか思えないと昨日知人と話した。彼は身近な具体例を挙げて説明したが、それは金融機関についてだった。自営業者だったが、銀行をまったく信用していなかった。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.