こ、これは…

Career Builderはこのほど、Harris Interactiveと共同で米国の採用担当者約3,000人を対象に、面接で驚いたエピソード、面接におけるマイナスポイントを聞いた。就職面接で不利になる態度として挙がったのは、「面接中に携帯電話で通話やメールをする」(77%)、「冷淡、無関心な態度」(75%)、「不適切な服装」(72%)、「横柄な態度」(72%)など。どれも意外ではないが、そんな人がいるとこと自体に驚く。これらに続くのが、「過去または現在勤めている会社について否定的なことを言う」で67%。これは心当たりがある人もいるだろう。そして第6位の回答はなんと「チューインガムを噛む」(63%)だ。次に、忘れられない面接談を聞いたところ、「10分遅刻してきたくせに、自分の特徴としてきちんとした性格だとアピールした」「ハウツー本を手にしながら面接を受けていた」など。だが、これらは序の口。「面接官のコーヒーを一口飲んでもいいかと聞いた」「面接中に、"ここ、どこの会社でしたっけ?"と聞いてきた」など、社会人として常識を疑うエピソードのほか、「面接中に靴を脱いだ」「ボーイスカウトの制服で登場したが、その理由については話さなかった」とコメディ映画のような話もあった。映画のようなエピソードと言えば、「面接中に警察に逮捕された」(これまでの履歴をチェックしたところ、未執行の逮捕状が出ていることがわかった)、「面接前に、自分の車を追い越し、自分に向かって中指を立てた人が応募者だった」という話も。信じられないような話ばかりだが、Career Builderの人事担当のバイスプレジデント、Rosemary Haefner氏によると、「採用担当者と話をすると、こんな話はたくさん出てくる」というから、珍しい話ではないようだ。就職活動中の人に対しては、「失敗をしないことではなく、多くの志願者の中で自分を際立たせることにフォーカスしてほしい」と、Haefner氏はアドバイスする。成功する面接とは、「個性と専門性の組み合わせと、採用担当と企業のニーズとが合致した時」とのこと。これに異論はないだろう。

コメント

非公開コメント

アパレルメーカーの人事をしている古い友人
がいる。
そこの社風はファッション業界だけあって、通勤、社内の服装も自由なのだが、就職面接の時ある新卒学生が半ズボンで現われたらしい。

さすがのファッション業界でも、人事担当の5人が5人共不快感を感じたらしい。
馬鹿はどこでもいますね。

色々な人がいるもんです。信じられないような、ね…

長いですが

我国の雇用はどのような状態だろうか。父親に聞くと戦前は社員と工場労働者の二つに分かれており、社員は会社が直接雇い、工場労働者は間に人を派遣する会社があった。入場門も異なっていた。昼食は社員は外でもよかったが、工場労働者は会社内でした。しかも食堂も異なっていた。
社員の労働時間は八時から4時であった。
 色々聞くと、さほど現在と異なるとは思われないが、女子の仕事は少なかった。女工哀史というが内実は異なり(そりゃいろいろ在るが)多くの人は成りたくてなりたくて、皆なった。雇うほうもいいところにいけば、いろいろなことを教えて、極端に言えばお金を持って、花嫁道具も用意できた。
 女中見習いというものも合った。お客の会社に勤めている人が別の会社のことをたずねたので、そのわけを聞くと<母親が田舎からその家へ奉公に行き、そこで色々しつけられて、その家から花嫁道具をそろえて、でていった。だから俺はそのうちを実家と思ってよくいった>との返事であった。
 その手の話はよくあるが、戦後の左翼史観(ある人は盗人史観といった。盗人にも三分の理があるような言い分と言う事)に犯されているから、実の姿が見えない。清水宏監督の<見返りの塔>という映画を見られるとよい。戦前は映画でもそれだけの社会性があった。現在のドラマ其の他は朝鮮、史那に染まったが為に、ろくでもない構成になっている。
 話はそれたが戦前社員(ホワイトカラ)は終身雇用、工場労働者は不定期雇用でいつでもきられた。この仕組みは多分世界中同じで、当人がいわゆる労働者かそれともそれ以外かによって、雇用が異なる。戦後の日本が終身雇用を我国独特なものと思っているがそれはちがう、歴史の一時期において生じた現象で、規準は社員と工場労働者は別であるという前提における、一時的な終身雇用である。ここわまちがえるとあらゆる雇用問題の処方箋は物を言わない。戦後の特徴は工場労働者も終身雇用としたことである。
 現在もとの姿にもどりつつある。その上仕事も職種も増えているが基本形態は、どの会社も同じでしょう。当時は一旗上げる(ベンチャー)とは満州へ行くことであった。そのため、すねに傷を持つ人や腕を捲り上げていく人など色々いた。これは現在も同じでしょう。今は満州だけではない。
ただし<猫ひろし>の様な奴はいなかった。国籍をとることは戦争になったら先頭になって、国籍をとッた国の軍隊へ行き最前線で母国と戦うことを意味することをしていたからである。
 そのような中で仕事を求める、もしくは人を雇うということだから、わが国において、実際にある雇用を元にして、動かないと、困ったことになる。
つまり面接の意味である。

 kenjiの知人に40頃あった。彼はkenjiに<お前子供居るだろう。いいか就職試験のとき本社で受けさせよ><何でだ><俺は大阪にいたから、大阪で受けた。そのとき東京まで行って受ける奴がいたが、実家が東京だから位にしか思っていなかった。所が入って3年位して、本社採用と地方採用とはまったく異なることにきずいたが、後の祭りだ。お前も田舎者だからそのような仕組みをしらないから、よく覚えておけ。といって絞ったタオルを目の前に放り投げた><何だ、これは><会社へハイってしぼられた。これまで会社が危ない時は会社の株を買えといわれた><買わなきゃいいじゃないか><馬鹿やろう。それをしないとやめなきゃならない。その手の関門がいくつもあり、それを乗り切って、いまだ>そのほか色々話してくれた。
 サラリーマンのつらさである。この手の話は何処にでも転がっているでしょう。
別の知人にあったとき<おおい、出世できるか>と聞くと、笑って<駄目だ><ナゼダ><会社へハイって、上司から飲み会の誘いがあり、何気なくそれに参加した。それからしばらくたって、その人々が会社の反主流派であることにきずいたが、既に俺はその仲間とほかから思われており、もうあがいても駄目だった><ソレデ><あちこち飛ばされた、一時はパキスタンへ飛ばされた><いいじゃないか面白い経験で>というと<馬鹿やろう。その苦労も知らないで> 現在も聞くところによれば<首を切りたければきってみよ>と啖呵を切ったと人に話したと聞く。会社の弱みを握っているからだが、当人の気概には感心した。今は何でも新潟に部下一人で、位は上で、何かをしているという。
 我国の雇用については色々なルートがあるから、それを具体的にしるといい。
面接についての手立ては難しい。いろいろ手が在るがお客の一人が聞いてきた話によると、在る会社は採用したあと新入社員を全員南朝鮮のフサンの女郎屋へいき、居並ぶ女を選ばせて、遊ばせる。その後その宿のお上に、選んだ女からアノ社員はああだこうだと適性(何の適性だろうか?)聞いて、それを元にして配置をするという。
本当かどうかはしらないが、意外とこれはいいのではと思うがしたことやされたことはkenjiにはない。受けてみたいとは思うがもはや遅い。

 個人的には食事と女(男)は判断するにはいいと思う。
kenjiが知りたいのは学歴とその後の業績、出世に相関関係があるかないかという学問的な資料があればいいと思っているが、このネット社会で探したが見つからない。

 人を最初に見て、アメリカ人は<こいつは何ができるか>ドイツ人は<こいつは何を知っているか>イギリス人は<こいつは何がすきか>フランス人は<こいつはどの国家試験を持っているか>を最初に見るという。では日本人はといえば皆さんお分かりだと思う。

 そこでさらにkenjiが色々推測して、イタリア人は<こいつの女の数はいくつかな>朝鮮人は<こいつの親分は誰かな>史那人は<こいつはどれだけ、俺を騙すのかな>ロシア人は<こいつからドレくらい盗めるかな>ではないかと思うがいかがでしょうか?

kenjiさん

ロシア人のところはその通りです。大部分のハンガリー人もそれに近い。

>大部分のハンガリー人もそれに近い
確かソロスはハンガリー人でユダヤ人でした。それなら彼は既にあるものをとるという行動はしても、投資をして、それによって何かを得るという行動はしないでしょう。シタガテ既に金があるところを探して、そこから持ち出すという行動が基本でしょう。金を作り出すということはしませんね。
 彼が引退したということは既にあるところでとる事ができるところが無くなったということでしょうか。

 これから国内の雇用は悲惨なことになる。おそらく高学歴者で技術が無い人で高齢の人は解雇されたら、即乞食でしょう。
 既に会計士は悲惨なことになっている。これから税理士もなるでしょう。平均給与も420万が350万くらいまで減少すると見ている。
 子供に紙幣の事、貯金の事、健康保険や政府の仕組みなど教えようとしても自分が理解するに四苦八苦で時間がかかったから、とてもではないが無理です。したがって稼いだ金を生活に使い、のこりを貯金という事ですが保険だけは禁止しました。その代わり気をつけよです。

 後は貯金の形態をいろいろ教える事にしています。主は白金と株です。金もいいですが、先物において動くものは白金のほうがいいですから、白金です。まず白金を買えということです。

 政府はアメリカにさかえられませんんが民間は自由です。自由の国アメリカはそこまでは規制はできない。そこで政府は国民が金を持つことが有利になるように政策をとるべきですが、税務署に報告でしょう。国家という意識がないから、どうしようもありません。
 政府が破綻しても国民が金を保有していれば何とか次の再生へと行く事ができるとなぜ考えないのか?
嫉妬深い政府と道ずれという考えがあるからでしょう。道ずれは旅に使うとき以外は悪いほうに道ずれという言葉を使いました。それです。

 中共国内で権力闘争が行われ、サウジでイスラムの導師がキリスト教の教会を襲ってもいいという裁定を下したとあります。とんでもない事です。
 東電の意識を見ると東電がナイト電力がという事ですが国民は補償と電力が来ればいいだけで、別に東電は会社のひとつに過ぎないから、別にという意識が無いようです。
 大きな問題があったときは倒産が一番いい選択です。それすらわからない。これだけおおきな事故を起こして生き残れるはずがないことは生物社会の常識です。不思議でかなわない、この先残っても悲惨だと思うのが普通だとkenjiはおもう。実際にそのような扱いになるはずです。ならなければ我が国がお陀仏でしょう。廃炉に40年どのようにしてその仕事をする技術者を養成するのか。おそらく人が来ないでしょう。

まず自分をと考えているからで、相場においても自分のポジションを先にみるのではなく、相場を見ないとだめだが、それができないようである。 
 資本主義は会社の倒産と失業が命で、ソレガにと機能しない。それこそイノベーションの表れです。
 イノベーションの結果新しい製品ができて,古い会社とその従業員は解雇されるからです。
 学校教育で左翼的ないい悪いではなくその姿を教えないから、道徳的判断が先に来る。これにどれだけ苦しめられて、判断を誤った事か?まあkenjiたちもその害を受けた口だからしかたがない。タダその手の考え方は明治以降生じたものでもともとも日本人は社会福祉などさらさら必要ないと考えています。これからそれがおもてに出るでしょう。
 我が国の雇用はコネと学暦でしょう。したがって職業安定所を経由してというものはそれが無い、それこそ無宿人扱いでしょう。つらい事ですがこれからはそれが当然ですから、その中で生きていく術を見につけて、付き合いもそのようにする事です。 
 これからは友人が危ない世界になるでしょう。もう既にそれかもしれません。

しかしほんとに今来つつある世界は、考えれば考えるほど不気味な感じがする。

 本日昼に買いをだしたが、それよりも12円上で反転した。ちょっと惜しかった。いままた下がってきている。金融市場で何が起きているのだろうか。供給したお金は返済へとまわされて、経済が縮小していきつつあると見ている。それなら貴金属も下がるが、それが一度起きてから上昇だろう。
 買いは危険である。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.