さすがに無理だろう

http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/user5/imageroot/2012/02/Greece%20GDP%20forecast.jpg

上のグラフを見て欲しい。こっからどうやって回復するのか?

年2.3~3.1%維持が必要
 【ロンドン=中沢謙介】ギリシャは20日、大量の国債償還を乗り切り、当面の危機を回避することになった。

 しかし欧州の財政再建と構造改革に向けた道のりは厳しい。ギリシャは国内総生産(GDP)に対する債務残高の比率を2020年に約120%に下げる目標を掲げた。しかし欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会によると、この目標を達成するためには14~20年に毎年2・3~3・1%の実質経済成長率を維持しなければならない。国際通貨基金(IMF)が昨年11月に立てた予測(1・9~2・7%増)を上回る成長の実現が前提となる。また、ギリシャは国営企業の民営化や資産売却で15年末までに計190億ユーロ(約2兆1000億円)の臨時収入を得る計画だが、これまでに実現したのは15億5800万ユーロに過ぎず、計画通り進むかどうかは不透明だ。ギリシャの11年の最低賃金(月額)は870ユーロ(約9万6000円)で01年に比べて約6割増えた。4・6倍の経済規模を持つスペイン(748ユーロ)を上回る。高コスト体質の改革も焦点となるが、賃金水準引き下げに対する国民の反発は強い。今後は南欧諸国の動向も焦点になる。財政危機にあるポルトガル国債(10年物)の流通利回りは年13%台に高止まりしたままだ。ポルトガルは13年から中長期の新発国債を発行し、自力での資金調達を本格的に再開する予定だが、市場では、「追加支援が必要になる」との見方も根強い。

コメント

非公開コメント

GPR指数が再び1を超えてきましたね。
かと言ってGも下げている。
う~ん、ちょっと予想とは違う展開で全く読めないなのでしばらくは様子見です。

 貴金属は下がる事態を想定して、その対策を採るべきだと思う。現物保持者は一度売りをすることだが、それをするなら先物で売ることだとおもう。したがって先物取引が増えるはずだが意外とふえていない。つまり現物保持者が少ないか、そのやり方を知らないかでしょう。
 現在の通貨紙幣は国債を基にしている。この国債の返済が無理筋となっているから、それは通貨が減る事を意味していると思う。つまり国債金利の上昇である。これはますます、紙幣不足となり、借りたのも貸したのも紙幣であるとなり、貴金属は争奪戦となる。この現象を乗り切った先には貴金属の世界があるでしょう。
 これは金持ちの勝ちという世界だから、中央銀行は貴金属を購入する事になるから、上昇するはずである。それが上昇しないということは何かあるというより、中央銀行が身動きできない事を意味しているのでは。
 ドルの上昇が始まるのではないか。その理屈はどの国も紙幣が必要だが、その紙幣はドルが化けているものがあり、それが元へ戻らざるを得ないからである。
 ここで円安が始まると何が起きるか?国内はさらに落ち込むと思う。ナゼナラ円安で影響を受ける分野が多いからである。
 金融政策ではなく、円相場がインフレをよび、その結果金融政策がとられることを意味する。
 つまり経済は金融財政政策ではコントロールできないという事である。

失礼

もう一度、少し下げて売りを出す事にしました。ちょっと危ないが、それがいつでもできるという事の弊害である。国内は円相場を読む必要があり、むずかしい。

間違い

>もう一度、少し下げて売りを出す事にしました

では無く、あげてです。危ない事には変わりはなく、待つ時期だからです。

分からない時は静観した方がいいですよね。

ユーロ危機再燃でドルが買われると思います。

ヒットしませんでした。
やるときではないですね
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.