ややこしいギリシャ

債権にはギリシャ法versionと海外法version(主に英国)の二種類あるらしい。前者は参加率が高いが、後者は69%とか。特に後者は法廷で提訴される可能性もある上、それで債権者が勝訴すると額面50-333%まで取れるらしい(ソースはzerohedge)。どうもこれがクセモノで、まとまっていないようだ。


 [アテネ 9日 ロイター] ギリシャ財務省は9日、同国の債務交換への参加率が85.8%となったと発表した。集団行動条項(CAC)を適用すれば、参加率は95.7%に達するとしている。財務省は債務交換に総額1720億ユーロの応募があったと発表。国際機関に対し、ギリシャ法準拠国債1770億ユーロについて、CACを発動する意向を伝えたことを明らかにした。民間債権者は実質ベースで最大74%の債権を放棄することになる。 外国法準拠国債と、国営企業が発行した政府保証債については、債務交換の受付期限を3月23日まで延長した。

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.