さてはてどうなるか

出発前に気になる記事がありました。

>>>>>>>>>>
(2011年7月4日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
 民主党と共和党の融和を目指すワシントンのシンクタンク、超党派政策センター(BPC)が、連邦債務の上限引き上げに関する両党の話し合いが失敗に終わったらどうなるかという報告書を先日公表した。そこには実に恐ろしいシナリオが描かれている。言うなれば、米国は経済政策史上最大の凡ミスを犯すことを熟考しているのだ。

経済政策史上最大の凡ミス
 財務省によれば、政府が業務を続けていくと、8月2日以降に債務残高が上限に達し、デフォルト(債務不履行)の可能性が高まる。瀬戸際政策を瀬戸際まで、そしてそれ以上のところまで推し進めることに躍起になっている一部の共和党議員は、この説明を信じていない。財務省はまだ余裕を残しているに違いない、というのだ。BPCのアナリストたちは、予想されている財務省への資金の出入りを1日単位で分析し、真の最終期限は最も早い場合には実際に8月2日に到来する可能性があり、「恐らく8月9日以降にずれ込むことにはならない」との結論を導いた。債務が本当に上限に達すれば、ワシントンが以前経験したような表面的な「シャットダウン(政府閉鎖)」ではなく、過去に例を見ない規模で政府の業務が中断され、大変な結果をもたらすだろう。 財務省は恐らく、債務の元利払いを優先させようとするだろうが、そうこうしているうちにも来月には5000億ドル近い債務を借り替えなければならないのだ。筆者はまだ、上限引き上げに関する両党の話し合いは結局まとまると考えている。警告する声が強まっていること(このBPCの報告書も、有益な警告の1つだ)は人々の意識を集中させるはずだ。既に上院はこの問題を協議するため、独立記念日に伴う休会を返上している。最終的には、歳出削減と「歳入強化」(決して「増税」とは言わない)について合意がなされることだろう。喧噪というのは、そこから抜け出す直前が特に激しいものだ。しかし、筆者のこの見方がたとえ正しいとしても、足元で起きていることの重大さがぼやけてしまってはいけない。米国は今、ガバナンス(統治)の危機を迎えているのである。驚くべき事実は、BPCの試算が決して不真面目な遊びでないことだ。米国が自発的なデフォルトの条件を議論するなど、信じ難いことだ。政権に歳出削減を飲ませる方法は他にはないじゃないかなどという共和党の主張もまさに驚きだろう(あるいは、本来驚きであるべきだ)。こうなると、この国の政治家が妥協すること、あるいは相手方の議論にほんのわずかな利点を見いだすことにも病的な抵抗感を示すのは一体なぜなのかと、疑問に思わざるを得ない。この抵抗感はもはや、事実関係や経済理論を巡る見解の不一致を大幅に超えている。いわゆる米国の「文化戦争」も超えている。つまり、国の将来に関する異なるビジョンの衝突以上のものだ。実はこの抵抗感、個人的な側面が強いのだ。

 

コメント

非公開コメント

No title

震災直後の早い段階で、原発事故がメルトダウンいやもっと深刻なメルトスルーでレベル7だと発表していたら、首都圏でもかなりパニックになっていただろうと想像する。
情報は小出しにすると免疫が出来てしまうのを今回の原発事故で経験したが、米国の国債デフォルト問題も、まさかと思いつつ実際にデフォルトの文字が情報として流れると免疫が出来てしまうのは間違いない。
現在の議会のやりとりは、何れにしても近い将来起こるであろうクラッシュに対して、国民に免疫を与える計算された前作業の一環ではないかと思ってしまう。

No title

>情報は小出しにすると免疫が出来てしまうのを今回の原発事故で経験

この見方は目からうろこです。確かにそうですね。我々は知らぬ間に誘導されているのかも・・・
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.