某リンク先から転載

 これはアメリカ大手ニュースでも取り上げられていました。イギリスのパブリックスクールの主席は中国人・インド人が顔を覗かせるようになっています。

日本のリスクは、保護者・生徒・教諭の多くがゆとり世代になってしまっていること。
下手したら内閣・国会議員もゆとり世代じゃないのか?

韓国は北朝鮮との統合イベントで凋落していくので心配要りませんが、中国は正直怖い。アジアで子供を教育するとしたらシンガポールかなぁ・・・ 

>>>>>>>>>>>>>>>>>
 中国人や韓国人のお友達がみんないなくなって、クラスに日本人の5人しかいない・・・。学校ではないみたい・・・」震災後1~2週間経ち学校が再開した際、東京のインターナショナルスクールに通う多くの日本人の子供たちが、驚きと、とまどいとともに思ったことです。現在でもこの状況はほとんど変わっていません。いくつかのインターナショナルスクールがつぶれるであろうとの噂が、まことしやかに流れています。

震災後日本を逃げ出した中国人の教育方針

 日本のインターナショナルスクールでは、リーマン・ショック直後に外資系投資銀行の欧米のエクスパットが激減し、彼らの子供たちが日本を去り、欧米の子供たちの数が激減しました。エクスパットとは、欧米本社で採用され日本に送られてきた社員のことで、欧米と同様の生活環境を保証されている社員たちです。彼らの高級アパートの住居費、子供の教育費などを会社が完全に面倒を見ます。ですので、彼らの年収の3倍程度を会社が負担することになります。そのためリーマン・ショックでコストカットをする際、一番に解雇の対象になったり本社に呼び戻されることになったのです。東京のインターナショナルスクールではその穴を埋めるために、中国や韓国本土でのネットワークを通じて富裕層や知識層の子弟を鋭意誘致してきました。結果として一部のインターナショナルスクールでは、中国人と韓国人が全体の3分の2以上を占めるようになったのです。そうした状況下、大震災が起こり、中国人や韓国人の子供は一斉に日本を離れました。そのためインターナショナルスクールには、日本人の子供たちだけが取り残されたのです。

中国人の教育観

 日本が安全でなくなればすぐに日本を離れてしまう中国人は、どのような教育を子弟に行っているのでしょうか。これまで韓国の教育については多くが語られていましたが、ここにきて中国の教育が米国で非常に話題になっています。賛否両論が分かれた中国の教育ママについて書かれた『Battle Hymn of the Tiger Mother』(Amy Chua著、The Penguin Press)という本がその発端です。まだ日本語訳は出ていませんので、読まれた方は少ないと思います。一方で英語のオリジナル版を読まれた方が衝撃を受けブログに書き込み、教育に興味がある層で大きな話題になっていたので、ブログなどで読まれた方もいるかもしれません。米国アイビーリーグの雄エール大学で法学部教授になった中国人女性エイミー・チュア(Amy Chua)が、子供の教育をどのように行っているかを書いた本です。なかなかすごい内容です。少し抜粋してみましょう。

「成績でA以外を取ることは決して許すべきではない」

「学校の友達と学外で遊ぶことは許さない。勉強に専念せよ」

「感性を育てるために行っているピアノのレッスンは、どんなに病気がひどくても、旅行に出ていても、1日たりとも休ませない」

 家族第一

 この本を読んだ米国人は、こんな教育は時代錯誤だと批判派が大半です。一方、筆者の友人の中国系米国人に聞くと、さすがにこの本の著者は極端な例だとは言いいつつも、7割近くは当たっているということです。彼らが口にするのが、一族の衰退への恐れだというのです。中国では国を頼るのは危険という思想が強く、一族で助け合うという気持ちが強くあります。それが華僑ネットワークの原型であり、国籍を変えるのをいとわない理由なのです一方で、3代以上繁栄する一族が少ないことを歴史が物語っており、それを食い止めるために第2世代が子供の教育にしゃかりきになるというのです。Amy Chua がこのことを記述しています。
「アメリカに移民をした親の世代は無一文でアメリカに渡り、寝る間も惜しんでがむしゃらに働き、慎ましい生活をし小金を手に入れた。夢見ているのは一族の隆盛」「私たち第2世代は、親がやや無理をして子供の頃からピアノを学んで、図書館で本を読み、勉強を一生懸命し有名大学を目指し、その後弁護士や医者、投資銀行員になっていった。大人になって贅沢を楽しむようになってきたが、親のことを敬って老後生活を助けている」「そして恐れているのが第3世代。中上流家庭で快適な子供生活を送り、子供の分際で自らのハードカバーの本を手に入れ、富裕層の欧米人の友人に囲まれ、個人の権利を言い出すようになる。結果として、一族をないがしろにしていき、親の老後の面倒を見ず、一族は滅びていく」一部は今の日本にも当てはまるような気がして怖ろしい部分もあります。中国人は、この衰退をさせないために子供を甘えた環境に置かず、厳しい教育を課しているのです。

日本は第3世代に入ったね!

ちなみに、中国人の友人に日本の小学校のお受験の大変さをどう思うかと聞いたところ、「たいしたことないね」と皆から言われます。「子供は学校から帰って、一切テレビやゲームをさせず、22時までは勉強をさせないとね」また、日本が過去とってきた「ゆとり教育」については、「日本も第3世代に入ったな」と続けられました。中国人の教育に否定的な米国人も、これだけ厳しい教育を受けた層が今後中国全人口の1割になったら大変なことになると真剣に恐れています。筆者が先日、米国を代表するスタンフォード大学に行って聞いたところ、博士課程のほぼ半分が中国人(中国系米国人を含む)になってきたというのです。ここでも日本人の影はありませんでしたが、米国人でさえも世界の若年知識層のトップは中国人になるのではないかと真剣に考え始め、それに対して手を打つことを考えています。以前もお伝えしましたが、米国の科学および工学系の博士号を取得した外国人は、日本211人、台湾442人、インド1103人、韓国1170人、中国3448人です(2005年現在)。

知日派激減リスク

 今回の震災後、日本を逃げ出した中国人が多かったことからの懸念は、中長期的に日本に詳しい知識層の中国人がいなくなること。現在韓国では、済州島に今後10年で世界有数の13のボーディングスクール(小学校から高校までの寄宿舎学校)を誘致し、アジアの教育ハブにしようとしています。彼らは、中長期的に韓国を知ったアジアの知識層が増え、韓国の若手がそうした人脈を持つことが国益につながると考えています。シンガポールもインターナショナルスクールを多く誘致し、教育ハブを目指しています。政治的空転が続き韓国のようなドラスティックな政策が取れない日本にできることは、留学生を増やしていく地道な作業と、逃げてしまった中国人などを呼び戻すために放射能に関わる詳細な情報を中国語や韓国語で発信し、日本の安全性を伝えていくしかありません。残念ながら放射能などの詳細情報は日本語がほとんどで、中国や韓国ではまだ極端な情報(ほとんどデマ)が翻訳されて出回っているだけです。内閣官房国際広報室のさらなる拡充による多言語情報発信を行い、多くの中国人や韓国人に日本滞在の安全性を理解してもらい、将来的に教育ハブとして使ってもらう努力が必要でしょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.