甘い罠

甘い罠

 さて、例のIMF専務理事ドミニク・ストラウス・カーンのスキャンダルについて。

 彼は私用でNYの高級ホテルに泊まっていました。一泊525US$ですよ。そんなリッチな御仁が、中年太りして教養のないメード風情に手を出すでしょうか?ありえません。普通なら、お金をだしてプロのお姉さんを呼ぶでしょう。では一部で言われている様に、サルコジ爺が罠にはめたのでしょうか?それもありえないと思います。やるならフランス国内で罠をかけるか、過去のセックス・スキャンダルを攻撃するかしたでしょう。

 誰かが、このタイミングで彼に黙っていて欲しいのか???
 

コメント

非公開コメント

No title

反原発のドイツで大腸菌騒ぎが起きるのもねぇ。

No title

 フランス・アメリカ・日本と違い、ドイツ自体は原子力ロビーが皆無のはずです。あれは単なるイベントかと。
 
 それより政治家の田中角栄、中川親子、橋本龍太郎の最期の方が明らかに陰謀です(笑)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.