グローバル・ハッキング 真相

ITに詳しい友人によると

1、普通ハッキングを受けた事が判明するのはかなり後。今回は即時に判明している。
2、各企業ともIT技術者のレベルが違うので、被害に気づくのに時差があるのが普通。
3、マイクロソフトやイギリス政府が相当早い段階で足並みそろえて被害を発表するのもおかしい。
とくにマイクロソフトは集団訴訟の可能性があるので、まず簡単に認めない。
4、技術優位のないスペイン企業をハッキングするメリットがない。
5、仮にハッキングにすぐ気づいたとしても、企業インフラの弱点をさらすことになるので公で認めないのが普通。
6、ネットセキュリティのソフトウェア・ハードウェアはイスラエル製が多い。
7、これだけのハッキングは国家規模の力がないと不可能。

イスラエル・ロシアが絡んだサイバー戦争の可能性が非常に高い、とのこと

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.