ゴールド現物保存の場合

こうなるんですね。古い話ですが参考までに

 【ルーアン(フランス)AFP=時事】死去した親族の家を相続したフランスの男性が、この家屋から計100キロ分の金塊や金貨を発見した。金は1950年代から60年代に購入されたとみられ、総額350万ユーロ(約4億1000万円)相当。関係者はAFP通信に「極めて巧妙に隠されていた」と舌を巻いている。
〔写真特集〕現金ざくざく!脱税摘発~地中、床下、ポットの中にも~

 見つかったのは金貨約5000枚、12キロの金の延べ棒2本と1キロの延べ棒37本。新しく家主となった男性が、家具を動かした際に偶然見つけた。売り出された家具の価格鑑定のために訪れた競売商ニコラ・フィエルフォール氏は「家具の下やバスルームなど、至る所にあった」と明かした。
 発見された金は、既に売却された。ただ、家主の男性は45%の相続税に加え、亡くなった親族が金を申告していなかった場合は滞納した3年分の税を納める必要があるという。(2016/11/23-05:59)

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.