ZENJI GOLD INDEX 2011

これまで色々と銘柄を紹介してきました。今日はその中でも、2011年は凄いパフォーマンスを見せる銘柄をZenji Index’11として紹介します。

ZENJI GOLD INDEX 2011

CNL.TO 
あと200億円かければ採掘可能。コストも業界最安値になりそう。

DGC.TO 
僕の中ではOSK.TOを凌駕した銘柄。埋蔵量はもっと増えそう。

GPR.TO 
銀鉱株では一番レバレッジが効いています。

RMX.TO 
サンプル発表、埋蔵量update、試錘発表とイベントてんこもり。 買収される予感がプンプンします。

補足:オシスコは新たなゴールド・メジャーになる道を歩んでいる気がします。

コメント

非公開コメント

No title

DGC.TO 
魅力感じました。ルビコン、コロッサス、ゴールドファンド良いタイミングで利益確定できましたら、組み入れたいです。紹介ありがとうございます。

No title

デトゥールは長期安定株ですよ。お互い頑張りましょう。

No title

いつも貴重な情報有難うございます。

GPR昨年は凄い上昇だったのですね!
①処で、今後の見通しを伺いたいのですが、大崩壊の兆しが見えた場合(例えば金利上昇が激しくなるetc)、乗り遅れない限り、金銀鉱山株も一旦売却とお考えでしょうか?

②日本国内から口座開設できるカナダの証券会社をご存知でしょうか?
アメリカの会社は気が進まず、BOOM証券は中国に何かあった場合影響を受けるのではないか、それならトロント市場の取引だったらカナダの会社が一番良いのではないかと思ったものですから。今のところはどうしても買いたかったら野村でも仕方ないかと思っていますが・・・。
禅師さんはどこを使っていらっしゃるのでしょうか?

No title

虹さん

1、GPRは今週の値動きが素晴らしいですよ。ボラも激しいのでスイング・トレードにも適している銘柄です。

2、今回は投機筋がボンボン売っているのに中国勢がすさまじい買い攻勢でゴールド価格を支えています。株式市場のクラッシュがあっても、金鉱株・ゴールド価格は落ちないでしょう。
  金利を上げても、それ以上にインフレ・ゴールド価格の方が伸びていくと思いますよ。あくまでも推測ですが。

3、僕は欧州在住の関係でInternaxxを使っています。

 ネットで探したらこういうのがありました。恐らく日本語でカナダ株取引できると思います。電話で問い合わせてみてはどうでしょう。開設の時に現地に出向く必要ありですが。
http://www.tdcanadatrust.com/japanese/03.jsp

 

No title

早速のご回答有難うございます。

残念ながら、当面カナダに行くことは出来ないので、カナダトラストでは開設はできなさそうです。Internaxxも出向かないと無理なのでしょうか?
野村ではスイングと言うわけには行かないので、GPRでもある程度の期間保有する積りがないと駄目ですね!

昨夜はさすがに、利上げが効いたのか、ゴールドコープ以外は殆ど↓でしたね。Gもまだ上昇には時間が必要なのでしょうか?


No title

虹さん

 Internaaxは出向かなくてもよいですよ。その代わり、やりとりに中学程度の英会話が必要です。信用でき、英語ができる友人名義で口座を開設してもらうという手もあります。

 金価格は下がってない割に金鉱株は少し下げた。米国債入札+SQの一週間なので、これは予定通りですね。このサイトを毎日みると知識がつきますよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/

No title

禅師様、

色々お教えいただき有難うございます。
Spiritさんのところは、訪問しています。ゴジラさんのところも。(実話、長いハンドルで皆様にご迷惑かと思い、昨日からHNを代えた処です。元Kinsanginsan)
Intermaxx調べてみます。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.