転載 ラリー・ニコラスの告白

金融システムがぐらついている中で、5大銀行の1つはプエルトリコの債務を720億ドルも抱えています。しかし、その結果、他の大手銀行を破たんさせることにはならないかもしれませんが、大きな問題が発生しかねません。
5大銀行の1つが打撃をこうむると、5大銀行のうちの2つがデフォルトする恐れがあり、そうなると流動性資産が不足するだろうと FDIC連邦預金保険会社が伝えました。
そして、5大銀行のうちの1つが破たんするか破たんしそうになれば、預金者はみな銀行から預金を引き出すことになります。
みなが同時に銀行から預金を引き出そうとすると、1ドルにつき6セントしか戻ってこなくなります。預金額のうちの10万ドルは保護されていると預金者は考えるでしょうが、実際は保護されません。
銀行が破たんすると(ギリシャのように)政府が銀行を国有化(銀行を乗っ取る)し、マイナス金利を導入(預金者に預金の手数料を取る)し、政府が預金者の預金を奪い取ります。



http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985444.html

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.