転載 マネーガイドJPより

ふるさと納税はいずれ縮小していく

最近は専門書まで登場するほど、熱狂的に人気が高まっている「ふるさと納税」制度。全国の自治体へ寄付をすることによって、寄付金控除が受けられ(2000円を超える金額が所得から控除される)所得税や住民税が安くなります。それに加えて自治体から特典(その地域の特産品などのプレゼント)が貰える事が、人気の理由です。寄付金控除と特典プレゼントを合わせれば、利回りに直して10%を超えるほどのお得な自治体もあり、全国から寄付が殺到しているそうです。

但し、このふるさと納税バブルとも言える状況は、いずれ確実に縮小・崩壊していきます。法律に何らかの規制が入り、廃止されるとまでは行かずとも、ふるさと納税した方がお得な状況は、近い将来、必ず無くなると思われます。

その理由は、ふるさと納税制度が普及すればするほど、財務省の利権が縮小していくからです。消費税増税詐欺からも明白なように、日本の政治を牛耳っている財務省は、利権欲の塊です。財務官僚の行動原理は、全て自分達の利権が拡大する(天下り先を増やす)という一点に集約され、日本の経済・社会が良くしようなど一切考えていません。

ふるさと納税が作られた理由というのも、霞ヶ関・中央政府に金が集中しすぎているという問題に対するガス抜き目的です。地方に財源を渡しますよという姿勢を少し見せておき、本格的な地方分権の機運を封じ込めようと、お茶を濁す意味で適当に作られた制度です。

ところが、各自治体が想像以上に寄付集めの努力を行い、盛んにPRしたことで、財務省の想定外なほど、ふるさと納税が普及してしまったのです。地方自治体の財源が豊かになれば、政府からの紐付き補助金などに頼ることなく、地方自治が運営できます。つまり、ふるさと納税の普及・浸透は、霞ヶ関官僚の権力が弱まることを意味するのです。これは、日本国のカネを一手に牛耳ってきて、自分達が日本の支配者だとつけあがっている財務官僚にとっては、誠に由々しき事態です。財務官僚にとっては、これ以上ふるさと納税が流行することは、極めて都合の悪い事なのです。

日本の行政制度には、様々な歪みや盲点が存在しています。例えば、国民年金の支給額よりも生活保護の方が高いとか、最低賃金で働くより生活保護の方が収入が増える、等々。しかしこれらの問題は、財務省があまり利権にならないので、制度が変えられる動機が薄いのです。しかし、ふるさと納税がプラス収支になるという歪みを放置すれば、地方への財源移転がナチュラルに起こってしまうので、この穴は絶対に埋められて縮小していく運命にあるのです。

コメント

非公開コメント

ホント財務省というより罪務省ですね。消費増税も財務省の権益拡大の為に社会補償の財源の為とかプロパガンダしてるそうですし許せませんね!エリートのクセにロクなもんじゃありません。チャンネルくららで財務省の内幕を取り上げるコーナーがあり勉強になります。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.