本業の話、少し進展

サンタンデール銀行に出入りしていたヘッジファンドは、銀行創業家の御曹司の会社名義でスペイン富裕層から資金を集め、住宅不良債権を銀行から買い取り中国人に売却すると謳っていましたが、そこで多額の使途不明金・脱税・マネーロンダリングが発生。大問題に発展しました。創業家はもちろんファンドを訴えているのですが、創業家御曹司もスペイン富裕層から訴えられて死にそうな状況だそうです。おそらく、これは後にスペインの新聞に出ます。

このスキームに僕が出した提案書から盗まれた情報・アイデアがあるというのだから他人事ではありません。いままで、この御曹司に提案書を出してきましたが、埒があかないので彼の母親(一族の重鎮・元貴族)に手紙を書いて事態の収拾を図らないといけないでしょう。そちらにこのプロジェクトを進行できる人材はいないようですから、うちの会社に賭けてみませんか、と持ちかけてみます。

コメント

非公開コメント

No title

やはりサンタンデールでしたか?不良債権の買い取りは日本と同じような仕組みなのでしょうか?別に、中国マネーではなくてもよいような気はしますが、バルクセールの評価・回収・サービサーの登場・やくざのようなヒトの暗躍はスペインにもあるのでしょうか?

No title

aaさん

このまま御曹司が無為無策だと、役員会から追放されるでしょう。

日本と若干仕組みが違うようです。

欧米のファンドは既に乗り込んできていて、安いゴミ物件ばかり買い取っています。中国人に売ろうとしているのは、高額の高級不動産(腐っても鯛)

スペインの良いのは、地場ヤクザがいない事です!! 強いて言えば、効率の悪い公務員・役所が時間をせびるぐらいですね。あ、接待などの土産攻撃は普通にあります。fixerとかもいないですねぇ。

落ち着いたら、aaさんとお会いしましょう。

No title

是非お会いしたいですね。不良債権は、結局不動産の出口次第です。不動産が売れないとどうしようもない。日本は人口があるのでいいけれど欧州はあまり魅力的な気がしません。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.