投資と直感

東欧に来る前、ポーランド・チェコ・ハンガリーのどこに拠点を置くか悩んでいた。当時、あまり違いを感じられなかったので、直観でピンと来た方のハンガリーにした。あれからはや5年、リーマンショックの影響もあり、東欧の税体系は大きく変わった。 結果、自分にとって一番有利な税制ができたのがハンガリー。直感というのは馬鹿にならない。europeblueskyさんに指摘され、念のため再確認してみたが、ハンガリーは移転税制を想定した罰則などが存在しない。ということは、先日書いた手法で節税し放題ということである。

何が言いたいかというと、ネットに色々投資ネタや経済予測が書いているが、それらが本物でも、自分の直感に来る投資法が大事、という事なのだ。

売掛金の500万円、戻ってくるかな…

コメント

非公開コメント

No title

ハンガリーは移転価格文書化は義務と記憶していたけれど、罰則がないというのは初耳です。

確かにポーランドやチェコでは移転価格調査受けた企業はいたけれど、ハンガリーは1社だけ聞きました。

ただ、個人企業がやって大した取引量も多くないような話であれば、あまりどこでやってもかまわないと思います(ドイツとかは別ですが)。

株主変更で繰越欠損が消えるような国は別ですが、業績が悪く税務上の繰越欠損をたくさんもっている日系を買収するというのも手でしょうね。

ハンガリーは人気取り政治家がいて、銀行税とか税務は朝令暮改的で後海外投資家に対して排外的になりつつあると聞いています。

No title

europeanblueskyさん

東欧に多いのですが法律でダメと言ってるのに罰則がない、まともに取り締まることがないの典型ですね。大規模な工場とか持ってると移転価格で狙われやすいと思います。特にトヨタ系列の多いチェコなど。

ハンガリーはイスラエルの子分ですよ。
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.