中国富裕層最新動向

1、資産16億円以上の層は、ほぼ移民完了。
2、資産1ー10億円の層90%が移民を検討中。
3、美術オークションは売上が急激に落ちている。
4、高級腕時計の売上が密かに伸びている。逃亡準備か。



東洋経済より。これは勝ち組で、数が少ない。この中国人も見栄のためにかなり嘘をついていると思うので、実際の不動産収入はかなり少ないはずです。洋の東西を問わず、本当の金持ちは富を公言しません。子供が誘拐対象になるからです。人身売買・臓器売買が常態化している中国では当然です。

■ 株と同じ、チャンスを見極めること

 ――特にこの5年ほどは不動産の高騰が激しく、そのために家を買いそびれたという人も少なくありません。私の友人夫婦は、貯金が40万元あるときに、買おうと思った家が53万元だったので、翌年もう少し貯金がたまってから現金一括で買おうと思っていたら、100万元に跳ね上がってしまったという話でした。2008年から2009年のことです。

 確かに2008年には変動があった。私もその頃に家を買ったから覚えている。2008年の年末ぐらいに価格が下がり始め2009年の年初は最低価格だった。私はちょうど2009年2月ごろに57平方メートルの部屋を40万元で買った。その後、6月くらいにはまたすぐ上がり始め、私が買った部屋も今は160万元になっている。

 これは株と一緒だと思う。株はつねにもっと高くなってから売ろうと思っていると、結局、チャンスを逃すことになる。不動産はおよそ5年周期で好調と停滞があるのでそれを見極めることは大切だし、何より周りに踊らされてはいけない。どんなときでも自分を保って実用第一でいかないと。

 ――このところまた不動産価格が下がっています。それにバブルがはじけるのではないかとずっと言われています。心配ではないですか? 

 まったく心配はしていない。なぜなら、私が買った物件はどれも交通の便のいいところで、必ず底値で購入しているから。最初の37万元の物件は一時250万元にまであがって、今は200万元くらいまで下がっている。でもたとえ150万元に下がったとしても、損はない。

 影響を受けるのは、購入してすぐに転売するような人たちで、私のように長期でやっている者は、売れないときは売らなければいいし、そもそも売るつもりもない。

 今、月給は手取りで1万2000元、これに対し賃貸収入は毎月4万元くらいあって安定している。仕事は好きなのでやめるつもりはないけれど、不動産収入があることは将来的に大きな安心になる。

 中国の経済は改革開放以降、10倍に発展した。だから個人の収入も10倍にならなければ、負け組だと思うわ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.