歴史に学ぶ


四害駆除運動
1958年2月から、四害(伝染病を媒介するハエ、カ、ネズミと、農作物を食い荒らすスズメ)の大量捕獲作戦が展開された。正式には「除四害運動」と呼ばれたが、スズメを大量に駆除した(北京市だけでも300万人が動員され、3日間で40万羽のスズメを駆除した)ことから、「打麻雀運動」「消滅麻雀運動」とも呼ばれる。しかしスズメの駆除は、かえってハエ、カ、イナゴ、ウンカなどの害虫の大量発生を招き、農業生産は大打撃を被った。

結局、大躍進政策は中国経済の大混乱と数千万人の餓死者を出す、惨憺たる大失敗に終わった。あるデータでは大躍進政策による餓死者数は3,635万人であったという。

そしてこの記事

こぼれたコメ食べたスズメが大量死、食べ過ぎが原因か―中国湖北省
XINHUA.JP 7月6日(日)8時3分配信

中国湖北省の地方紙・楚天都市報は2日、同省宜昌市の港でこのほど、貨物からこぼれた東北部産のコメを食べたスズメが大量死していたと報じた。地元当局が米の安全性に問題がないか調べたが、異常は見つからず、専門家は「大量死は米の食べ過ぎ、またはほかの場所で食べたものが原因ではないか」と分析している。報道によれば、同市の明珠埠頭で29日までに、貨物からこぼれ落ちたコメを食べたスズメ、20羽余りが死んでいるのが見つかった。この報告を受けた市当局や公安局、食品薬品監督管理局が米の安全性を疑い、検査をしたが、コメ自体に異常は見られず、コメは30日、重慶市に向けて運び出された。

(編集翻訳 恩田有紀)


これが続けば、毛沢東時代の飢餓が起きても不思議はありません。外貨準備にものを言わせて輸入しまくるかもしれませんが…穀物は近年高騰する可能性があります。

コメント

非公開コメント

No title

中国の発展はパンドラの箱ですね。人口14億の人間は世界に大きなインパクトがある。

No title

aaさん

そのうち、超絶少子高齢化・大腸ガン大流行・内乱で人口が10億を切ると思います。あと30年もすればわかります。

プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.