気になるニュース

"近日の中国不動産バブル崩壊ニュース 第一財経日報4月17日: 「杭州市不動産市場全面敗退」。中国新聞網22日: 「北京不動産価格一週間で1割程度下落」。人民網23日: 「西部大都会の成都、不動産価格暴落の嵐が来襲!」。 陽春の季節、バブル崩壊の「花」が中国全土で一斉開花か。"

コメント

非公開コメント

【ソフトに着地できる?】

なんかデ・ジャヴです。
中共もアホじゃないので、日本のバブル崩壊の研究は
相当してると思います。

今のバブルでは、格差が無視できなくて一般民衆が怒り
出して騒乱になり、政権は持たない。かと言って日本の
スカタン当局のように、いっぺんにバブルを弾けさせると、
それこそ経済全体が長期で死んでしまう。

今、中共は悩んでる。けどもう時間が無い。バブル退治
は開始されたのかも知れませんねぇ。


No title

中共経済がバブル崩壊したら、円相場は円高でしょうか、円安でしょうか?
 資金が逃げてくるなら、円高ですが、これまで投資をしてきた資金が必要なら、円安でしょうか?
 為替相場は幾ら考えても分からないことが多い。
円をうってドルを買うということはドルをうって円を買うことになるから、相対的で資金が逃げるということはあたらない、タダ相場が変わることが資金の変化になるだけです。

 政府が日銀に政府短期証券をうって、円を得てそれを為替市場でうって、ドルを買い、それでアメリカ国債を買うというが、このときドルを売って、円を買う人はその円を何処へ持っていくか?

 これが分からない。

 円担保でドル資金を借りるというなら、円資金は市場には流れないから、分かるが、そのような説明はみたことがない。

 タダ実際の為替取引はいろいろ在るだろう。

東京証券取引所のような為替市場があるわけではなく、江戸時代の両替屋と同じようなものがあり、それらが直接しているということはやっと分かったに過ぎない。

No title

中国人がわんさかと投資していた、カナダドルが大きく動くと思いますよ。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.