これはその通り

泉幸男氏は総合商社で長年中国でビジネスをしてきたからであり、中国人とのビジネスをよく知っている。 中国に投資をするなら5年以内に投資が回収できて、投資額は全部すっても諦めが付く程度にすべきだ。 だから工場ごと中国に数千億円もかけて投資をするのは、今回のパナソニックのようになる。 王子製紙も2000億円をかけて工場建設しようとしていますが、工場排水で反対デモが起きてストップしてしまった。
だから中国で儲けるには、設備投資があまりいらないサービス業か流通業などに限るべきであり、工場を作っても人件費などの上昇でタイやマレーシアよりもコストが高くなっている。
中国市場向けの商品だとしても日本車が狙われたように日本製品の不買運動が起きている。ユニクロなども工場をアジアに移しているようですが、リスクの分散もあるがコストが東南アジ
アよりも高くなっているからだ。
これは日本企業に限らず、いずれ外資全体に波及していくだろう。 今回のデモでもヨーロッパにブランド店が破壊されたしマクドナルドも衝撃された。 アメリカ大使の車も暴徒が襲いかかった。 
このように中国で反日デモで日系企業が狙われるのは日本なら何の報復もしてこないからであり、韓国企業のように夜逃げする事もない。このように反日デモや賃上げストが頻発しても、日本企業は草木もなびくように中国に進出している。ホンダなどでは7割の賃上げストが起きていますが、既に多額の投資をしているので引くに引けなくなってしまった。確かに市場は大きいが富裕層は1億人程度であり13億人の巨大市場は幻想だ。経済が低迷すれば一気に市場規模はしぼんでしまう。
 泉氏は、「日本の中国貿易で長続きするのは、中国大衆の目に見えない基幹部材や特殊素材の輸出だけだと割り切るべきだ。」と指摘していますが、中国で生産されているiPhone 5は「バッテリーはソニー製(Step 9)、1GバイトのRAMはエルピーダ製(Step 16)、Wi-Fiモジュールは村田製作所製(Step 15)」であり、中国が対日輸入規制をすれば困るのは中国自身だ。自動車にしても日本製部品が止まれば自動車生産もストップしてしまう。
だから中国人はバカであり自分で自分の首を締めている。中国人は自分の感情を抑える事ができず、感情の爆発をおとなしい日本に向けてきている。アメリカのように強力な軍事力を背景にしなければ中国人をコントロールする事はできない。それが出来なければ中国進出はいつでも脱出できるような体制でいるべきだろう。「中韓を知りすぎた男」ブログでは次のようにアドバイスしています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.