これは本当

JB pressの記事抜粋。夏に会った北京富豪が全く同じことを言っていました。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

上海の裏道でよく「尋ね人」の張り紙を見るようになった。行方不明になっているのは、いずれも70代前後の高齢者だ。独居老人も多い。家族にいじめられて家を飛び出した老人もいる。

 ここ最近、中国でも「高齢者」問題が浮上し、様々な政策が展開されつつある。

 2013年9月、国務院は高齢者サービスを加速させるための土地政策や投融資政策、免税政策などを発表した。土地政策では、新規に住宅開発する際は高齢者施設を用意すること、免税政策では、非営利の高齢者サービス機関が行う不動産や土地取得にかかわる税金あるいは企業所得税を免除すること、また投融資政策では、多くの民間企業の参入を促すために財政支援を行うことなどが盛り込まれた。

 民間企業も動き出した。中国の大手不動産デベロッパーは高齢者施設の開発に意欲を見せている。また、今後は外資企業の介護サービス参入も期待される。高齢者向けサービスで世界に先駆ける日本企業にとっても、大きな市場が広がっていると言えよう。

 だが、こうした動きが中国人の老後を安泰なものにするとは思えない。民間企業の参入は、あくまで富裕な高齢者がターゲットだ。公共住宅が普及する前に不動産バブルが到来してしまったように、中国では高齢者サービスもやはり「富裕な高齢者向けサービス」が優先され、庶民の手の届かないものになってしまうことは容易に想像がつく。

年金だけでは養老院に入れない

 9月のある日、筆者は楊浦区に住む老夫妻の陳家を訪問した。6階建てのアパートは南向きの1LDK。ベッドを置いたらもうソファは置けないような狭さだ。筆者はパイプ椅子に座りながら缶コーラのもてなしを受けた。上海人は富裕とのイメージが強いが、まだまだつましく質素な生活を送る世帯は多い。

 この老夫婦は四方山話の間にもパソコン画面に現れる緑や赤の数字に一喜一憂する。株式投資は年金生活者にとって唯一の小遣い稼ぎの手段である。

 「ずいぶんご熱心ですね」と言うと、初老の旦那さんはこう返答した。

 「この先は養老院暮らしだ。年金は毎月2000元しかもらえないが、養老院は月額3000元もかかる。どうしたって足りない。養老院に入るためには、この差を埋めなきゃならないんだ」

 高齢者介護施設の良し悪しは料金に比例するが、最低でも月額3000元程度の施設を選ばないと、まともな老後は送れないという。それ以下のところでは、「虐待や盗難があってオチオチ寝てもいられない」(陳さん)というのだ。介護をするのは外省出身者、いわゆる民工である。巷では、彼らは高齢者の金品目当てに就労するとも言われている。

高額所得者は「日本で老後を送りたい」

 一方で、中国の高額所得者はどんな老後をイメージしているのか。広い敷地に緑の芝生という豪華別荘さながらの中国の高齢者施設は、富裕層にとって理想的な老後の居場所なのだろうか。

 筆者は上海で何人かにこの話題を振り向けたのだが、意外な答えに驚かされた。

 ある中国人医師はこう語った。

 「私は日本で老後を迎えたい。もう家も買ってありますから」

 ある中国人弁護士もこう言う。

 「中国で老後を迎えるつもりなんてない。これから関西にマンションを買う予定です。一稼ぎして日本で暮らそうと思っています」

 ある中国人経営者もこんな見方だ。

 「中国で余生を過ごしたい人はいないでしょうね。日本は国土が狭いが、山があって川があって風光明媚だし、生活スタイルも中国人と似ているから、住むには不便はないと思う」

 「老後は日本」――。そんな回答がこのところ非常に目立つのだ。

 いくら中国の民間企業や外資系企業が参入し、老後のパラダイスを中国に築こうとも、高額所得者の関心は薄い。むしろ「国を出たい」という願望を強めていることが垣間見える。

 中国の医療・介護サービスは「無愛想で気が利かない上、金銭で釣らなければ動かない」のが現状だ。食品の安全は、もはや求める方がナンセンスと言ってもよい。老人になるほど「何を食べさせられるか分からない」という不信感はつのる。それがイヤならこの国を出るしか方法はない。


 そこで目を向けるのが日本だ。彼らは「日本は長寿大国で健康大国」だと認識している。空気もよければ水もいい、食べ物も美味しく、介護士も優しい。世界有数の手厚い高齢者サービスが発展し、高齢者たちが生き生きと老後を過ごしている・・・、そんなイメージを抱く中国人は少なくない。日本の先進的な高齢者サービスを享受したいというのは、中国高額所得者の偽らざる心情である。

コメント

非公開コメント

【今蓬莱?】

やっぱり、個人としては「中共なんて、でー嫌いでィ」が本音のよう。
人前じゃ、「日本けしからんアルヨ」「共産党は素晴らしいアル」なんて
言ってるんだろうけど。

北京の大気汚染をTVで見ただけでも、中国の人達はよく生きている
よなぁ、と妙に感心したもの。道端には死体でも転がっていそうな画像。

もし経済的に可能なら、国外脱出はガチ。で、何処へ?
歴史的には、不老不死の妙薬があるというアソコでしょ!
老人にピッタリ。

という事で、近々に今蓬莱ブームが来るかも。
日本でも超高齢化するし、毒を喰らわば皿まで、
ビンボーな邦人より、お金持ちの華人の方がマクロ的には望ましいし。
ただし、そうなると人口の8割が老人とか、凄まじい国になりそう。

No title

今後、どこに住むべきか、なかなか悩ましい問題ですね。とくに老後を考えるのが早すぎる40代にとっては。40代、もう少し欧州にいて、40後半でアジアに移り、もう一仕事をして、55で引退。

引退後、80歳まで25年間をどう過ごすかは悩ましい。日本は、その時期は中国の大気汚染の影響を受けていると思うので欧州かどこか?身寄りのない欧州だと大変なので、やはり日本人がいるところに住むのがよいのだろうか?

No title

アホんだらさん

実は、北京富豪に老後を日本で過ごしたいので、博多に物件を探してくれ、と依頼されています。これは相当需要があるみたいです。僕の新事業の柱の一つになるかもしれません。

aaさん

我々も、他人事ではないですね。自分の仕事、子供の教育、両親の介護、自分の老後…
プロフィール

禅師

Author:禅師
投資顧問 

今年は先行投資、出費のみ

実績:

2016年 先行投資50万円
2015年 先行投資300万円
2014年 先行投資300万円
2013年 先行投資250万円

住所:東欧(?まで)
好物:海老チャーハン
コロンビア珈琲
趣味:旅行
音楽鑑賞
美術鑑賞 
サッカー
ラグビー
キックボクシング

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

土俗呪術随想録

海外の妖しい Blog 記事から

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 禅師 修行日記 All Rights Reserved.