メール回答

メールで、これどう思いますかときかれたので、ここで回答します。

マザーズのGNI銘柄
社長   中国人
研究開発 中国
販売   アメリカ

ぱっと思いつく不安材料
1、中国における、社長の政治的後ろ盾が失脚すると、全ておじゃん
2、中国研究者の論文ねつ造率の高さ
(世界各国の統計を比較すると、中国韓国インドなんかは手法が無茶苦茶)
3、アメリカでの薬害訴訟リスク
4、製薬は高研究費・超ハイリスク・超ハイリターン
5、中国系は実質株主構成(株主の株主)が不透明

うーん、自分なら買わないと思います。

但し、投資家が医学薬学の知見があり、中国・アメリカの省庁レベルの情報が取れて、この会社の新製品に太鼓判推せるのであれば、投資してもいいと思います。

あと、ネットセキュリティと通じる部分があるのですが、一企業の情報を全てオンラインにすると、いくら対策をしても盗まれる・失う時は一瞬です。本当に企業秘密を守ろうとしたら、オンライン+紙の書籍・書類+研究者の記憶に3分割して保存します。

よって、どんなに自分の見立てに自信があっても、株に突っ込むのは総金融資産30%くらいかな?


独りでも始めるの気の長い投資

現在は

為替が大きく動くときに現物通貨買い
中長期で鬼ホールドxゴールド投資

ただ、この手法は普段暇です。なので最近こういうベンチャーを探しています。

基準 (各項目とも80%は満たしてほしい)
1、日本発・世界初の技術を持つ日本のベンチャー企業
2、経営理念・世界攻略の図が明確
3、創業時のメンバーがみんな優秀
4、分野が医学生物科学機械工学もしくはアニメ・ゲーム

滅多にないと思いますが、探せばあると思うのです。ノーベル賞受賞前は、山中さんのipsだって殆ど知られてなかったのだから。


株式はもっと下がるかもしれない

アメリカが、NYにあるロシアのオリガルヒ不動産を差し押さえ始めた。
→ロシアマフィアによる米国内資産売却加速

習近平の隠し資産といわれるHNA Groupが世界中で資産を売却している。
→当然米国株式も入る

良く沈む


Danske Bank の株価。デンマーク最大なので潰さないでしょうが....

裏で事態は深刻

Danskae Bankが4年ぶりの低い株価を付けています。米国司法省の罰金確定した時にもっと下がるので、買うとしたらその辺でしょうか。

インターポール(国際警察)の持ち回りトップ中国人が失踪しています。

1、中国政府から拘束されているのに妻は知らなかった。
2、妻が駆け込んだのは中国大使館ではなく、フランス警察。
3、調査しているのはフランス警察だけ。
4、この中国人夫妻はナイフの絵文字を携帯に送られてた(脅迫)
5、汚職で追求とされてるが、その場合は中国は通常妻も拘束する。
6、現在、中国政府からは彼は辞任しましたとの発表だけ、本人映像なし

これは邪推ですが、1MDB調査が進み、彼自身が隠蔽の形で関わっていたから殺されたのではないかと思っています。マレーシアの方では華僑が大々的に関わっていたと調査で既に明るみになっています。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.