やはり落ちたトルコリラ

2年くらい前から日本の銀行がトルコ国債売りつけにご執心だったので怪しいと思っていました。案の定ドカーンと落ちた。2005-2007年のブラジル国債と全く同じです。

日本のSBIとかで海外高利回り債券広告が目立ち始めたら、数年後にその国の通貨が大きく落ちるという前触れです。

国債発売→日本で広告→数年後暴落→暴落後現地通貨を現物で買い込み戻りを狙う。

これが結構いいかもしれません。

日本語で

日本語でも、ここまででてきました。

トランプ周辺が全てロシアにやられて売国奴と化していた、司法妨害のみならず反逆罪で一族ほぼ全員刑務所確実、という所までモラー捜査官の調査は進んでいます

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00010004-wedge-n_ame

アメリカ政治の行方

トランプは、若いときからNYシカゴのイタリア系地上げ屋・マフィアと付き合いがあり、資金繰りに困った90年代後半から、プーチン+ロシアマフィアからトランプが密かに資金を借りるという流れで繋がっていったようです。今の奥さんもロシアマフィアからの紹介.......

この辺はFBI特別捜査官のモラーが既に調べ上げていて、再選以前に選挙当選取り消し、断罪の流れでもう動いているようです。ひょっとしたらトランプ自身が病死のふりをしてモスクワに逃げ込むとかありそうです。この辺はいずれ表にでます。相場も一時的に荒れます。


ロシア米国債の動き

ロシアの動きはここに詳しい。
http://news21c.blog.fc2.com/page-2.html

英米がロシアのアルミ大手などに制裁したので、その報復ともとれる。中長期でゴールドを買い集めているのは間違いないと思う。

やはり噂は本当らしい

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融機関大手のゴールドマン・サックスは17日、ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO、63)の後任として、デービッド・ソロモン最高執行責任者(COO、56)を指名したと発表した。主力だった証券取引仲介のトレーディング部門の収益力は低下。かわりにインターネット銀行などブランクファイン氏が道筋をつけた新たな事業モデルの構築に、次期トップは挑む。 

春先のヘリコプター事故死という噂は本当らしい。相場が混乱するから、こういう発表でごまかすしかない。
www.nikkei.com/article/DGXMZO3308227017072018FF2000/ 
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 修行日記 All Rights Reserved.